画像提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉交通と国際十王交通は10月19日より、埼玉県の熊谷・鴻巣・久喜と成田空港を結ぶ高速バスの運行を開始する。熊谷〜成田空港線は2014年11月17日より路線を一旦休止していたが、この度、圏央道経由に経路変更をし、新たな路線として運行を開始する。

圏央道を経由することで定時性が向上するとともに、埼玉県北部と成田空港とをダイレクトに結ぶ。運賃は2,900円からと、リーズナブルな金額で設定している。また、運行開始に併せて新設される「久喜市菖蒲バスターミナル」は、大型ショッピングモールに隣接しており、今後、パーク&ライド駐車場の整備を予定している。

成田空港発着は1日8便で、成田空港行の運行ルートは新島車庫→熊谷駅南口→鴻巣駅東口→久喜市菖蒲バスターミナル→成田空港、成田空港発の運行ルートは成田空港→久喜市菖蒲バスターミナル→鴻巣駅東口→熊谷駅南口→新島車庫となる。

運賃は、新島車庫が大人3,900円/小児1,950円、熊谷駅南口が大人3,900円/小児1,950円、鴻巣駅東口が大人3,400円/小児1,700円、久喜市菖蒲バスターミナルが大人2,900円/小児 1,450円となる。