北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、「われわれの超強硬攻勢に恐れおののいた米国の対朝鮮挑発狂気が最悪に至っている」とする論評を配信した。

論評は、「米原子力空母ロナルド・レーガンとセオドア・ルーズベルト、原潜トゥーサンとミシガン、戦略爆撃機B-1Bなど膨大な戦略資産が南朝鮮とその周辺水域に投入されている」と指摘した。

これに対して、「われわれの急速な核戦力高度化と超強硬立場によって袋小路に追い込まれた米国の断末魔のあがきである」と述べた。

また、「直ちに何か大変なことでも起こるかのように空威張りをして国家核戦力完成に向けたわれわれの戦略的措置を阻み、緊張を最大に激化させて現情勢の推移に不安がっている国々を対朝鮮制裁・圧迫へとさらに駆り出すと同時に、深化する対内外統治危機を免れようとするのがトランプの腹黒い下心である」と強調した。

さらに、「トランプは自分の無謀な妄言でわれわれを驚かそうと打算したが、むしろ不安にかられるのはわれわれではなく、米国社会である」と述べた。

その上で、「何の打算もなしに考えつく言葉を気が向く通りにむやみに言い捨てて騒乱だけを起こすトランプが、そのような狂人の気質で誰それを驚かそうとしたこと自体が笑止千万である」とし、「米国との力のバランスを成す時まで、核戦力強化に向けた朝鮮の努力は一瞬も止まることがないであろう」と主張した。