写真/PIXTA

写真拡大 (全4枚)

マンションやアパートに住んでいて、近隣の住人から非常識だとか迷惑だと思われるのはどんな行動なのでしょうか。「実際にそんな非常識な行動をしている人は周囲にいるの?」「いた場合どうしたらいい?」など、現在集合住宅に住んでいる人も、これから引越しを考えている人も、ぜひチェックしてもらいたい内容が満載です!

早朝・深夜の騒音やゴミ捨てのマナーの悪さが上位に

実際にマンションやアパートに住んでいる人に、非常識だと思う他人の行動を挙げてもらいました。
半数の人が非常識な行動と回答した1位は、「早朝・深夜に騒ぐ」(51.3%)。僅差で2位は「ゴミ捨てのマナーが悪い」(49.5%)、続いて3位は同率で「親が子どもの迷惑行動を注意しない」(46.0%)、「挨拶(あいさつ)をしない・無視する」(46.0%)でした。上位5位までは全体の4割が非常識だと回答。心当たりがある人もいるのでは!?

全体として共通して言えるのは、周囲の迷惑を考えない自分勝手な行動であること。マンション・アパートはひとつ屋根の下に住む共同住宅であることを考えれば、納得の結果といえるでしょう。

【画像1】迷惑行動の定番、「騒音」や「ゴミ」のほかに、子どもの迷惑行動を注意しない親を非常識だと感じる人も多い結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

夜中の洗濯に曜日無視のゴミ出し、挨拶をしても無視など、非常識な住人に対する行動は……

次に、実際に同じマンション・アパート内に非常識だと感じる住人がいるかどうかについては、「いる」と回答した人は43.5%、「いない」と回答した人は56.5%でした。「いない」が「いる」を上回ったものの、個人的には「いる」が予想よりも多い印象でした。

【画像2】実際に非常識な人がいるかに関しては、「いない」が上回る結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

さらに、「いる」と回答した人に「何か行動をしたかどうか」を聞いたところ、「何もしなかった」が圧倒的に多く60.9%、「管理組合・管理会社に相談をした」が26.4%でした。「本人に直接注意をした」人はわずか10.3%で、相手に対して直接行動する人は少ないようです。

【画像3】直接本人に注意した人はわずか10.3%という結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

また、具体的にどんな非常識な行動があるかに関しては、以下のようになりました。

【早朝・深夜の音に関して】
・夜中遅くに洗濯機をまわす音がすること(41歳・女性)
・上階の住人の生活音が早朝から深夜までうるさい。扉の開け閉め、飛び跳ねる音、大声で歌う、長時間の掃除機、何か大きな物を倒すような音、その他いろいろ(43歳・男性)
・早朝、深夜に大声で親子喧嘩をする(46歳・女性)
・早朝や夜にピアノを弾く(39歳・女性)
・深夜に電話で大きな声で話す(34歳・女性)

【ゴミ捨てのマナーに関して】
・曜日を無視してゴミ出しをする(48歳・男性)
・ゴミの分別ができていない(42歳・男性)
・粗大ごみを違法に放置する(46歳・女性)
・ベランダにゴミをおくのでゴキブリが出る(42歳・女性)
・たばこの吸殻を袋に入れたりせず、そのまま大量にゴミ置場に捨てる(31歳・女性)

【子どもの迷惑行動に関して】
・子どもが室内で走ったり、ジャンプしたら叱ってほしい(43歳・女性)
・子どもが共用部で騒ぐ(42歳・女性)
・子どもがエレベーターのボタンを押したままにする。いつまでたってもエレベーターが降りてこない(40歳・女性)
・上の階の子どもが走り回る音が凄まじい。どこからか飛び降りる音もあるので管理人に注意してもらったが、詫びの一つもなかった。一言お詫びに来てくれればこちらも少し寛大に見るのに、余計に腹が立った(40歳・女性)
・人の家の前で子どもが騒いでいても注意をしない(38歳・女性)

【挨拶に関して】
・子どもが挨拶しても、明らかに無視する老人というのは教育上よくない(47歳・男性)
・エレベーターに後から乗ってきているのに、挨拶がない(39歳・男性)
・挨拶をしても絶対に返さないお父さんがいるので、ほかの人より大きな声で声かけをする(40歳・女性)
・挨拶をしてもかえってこない(28歳・女性)

【その他】
・たばこのポイ捨て、歩きたばこ(42歳・男性)
・上下の階の人がベランダで喫煙をしていて、洗濯物にニオイがついて困っている(45歳・女性)
・自転車置き場にバイクをおく(39歳・女性)
・玄関前のフロアで、夜に長い時間井戸端会議(38歳・女性)
・エレベーターで一緒になるとき、まだ人が乗りきっていないのに閉めるボタンを連打する(32歳・女性)
・管理費、修繕積立金の滞納(46歳・女性)

マンションやアパートは、エントランスや共用部などで近隣住人と接する機会も多く、非常識だなと思う行動もちらほら見られるようです。ただ、非常識だと感じていても相手に直接注意する人は少なく、「何もしなかった」人が6割もいる結果となりました。
価値観が違うもの同士が同じ建物に住むのですから、お互いに気をつかい、譲り合うことも大事です。せっかく選んだマンションやアパートですから、気持ちよく住みたいもの。「これをやったら周りに迷惑かな」という視点をもって生活してみると、より快適な生活が待っていると思いますよ。

●調査概要
・[ご近所付き合いに関するアンケート]より
・調査期間 2017年9月20日〜21日
・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
・対象:全国の集合住宅にお住まいの20〜49歳の既婚者
・有効回答数:男女400名(子どもがいない男性100名、子どもがいない女性100名、中学生以下の子どもがいる男性100名、中学生以下の子どもがいる女性100名)●関連記事
ご近所調査[1] マンション・アパートのご近所付き合い、賃貸と持ち家でどう違う?
・ご近所調査[3] 住んでいるマンション・アパート内で住人トラブルがあった人は10人に1人!
(荒川 文乃)