画像提供:マイナビニュース

写真拡大

電通は10月17日、Web広告におけるアドベリフィケーションの取り組みを本格化するため、インテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)とモメンタム、電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズと共同で、「アドベリフィケーション推進協議会」を発足したことを発表した。

これにより、日本におけるアドベリフィケーション問題の現状把握と具体的な対策の研究を深化させるとともに、その研究結果を適宜ホワイトペーパーとして一般公表し、広告出稿時の一助となるような有益なデータの提供を目指す考えだ。

同発表によると、広告システムの自動化・効率化が進展するWeb広告では、広告取引実績の正確な捕捉が困難になりつつあるという。

これにより、「広告がしっかり見られているか(ビューアビリティー)」や「広告が人ではなく機械によって不正なインプレッションやクリックが発生していないか(アドフラウド)」「不適切なサイトに広告表示されていないか(ブランドセーフティー)」といった広告の価値毀損に関わる問題の正確な現状把握と本格的な対策が喫緊の課題となっている。

電通は、IASやモメンタムと連携することで、国内の状況を海外主要諸国との比較などにより客観的に把握し、計測したデータをパフォーマンス向上へつなげる方法の分析や、その示唆となる事例の発表を実施していく予定だ。