U-17日本代表の森山佳郎監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-17W杯の決勝トーナメント1回戦が17日に行われ、グループEを2位で突破した日本はグループF首位のイングランドと対戦し、90分を終えて0-0。しかしPK戦の末3-5で敗れ、ベスト8進出を逃した。

 壮絶な試合を終えて、日本の森山佳郎監督は「まずは本当に選手の戦う姿というか、最後まで諦めずにボールを追いかけて、本当に極限まで戦ったその姿に心を打たれた。本当に素晴らしい、誇らしい選手たちと、2年半の旅が終わってしまいましたが、本当に素晴らしいハートを見せてくれた」と、イングランド相手に真っ向勝負で互角に戦った選手たちを称えた。

 グループステージでホンジュラスに勝利したものの、フランスに敗れ、ニューカレドニアに引き分けるなど不完全燃焼だった。そうして臨んだイングランド戦は「前半はしっかり、ボクシングでいったらクリンチしながら、じわじわとこちらにペースを持っていく」プラン通りに最終盤まで戦った。

 相手の疲れを待って攻めるという狙いも奏功し、後半は幾度となくビッグチャンスを作った。だが決めきれなかった。「ラスト20分でこっちは自信があったので、そこでの勝負に持ち込むことができて『さあ、いよいよ』というところだったんですけれど、ひとつネットが揺れなかったことだけがプランから外れたところだったかなと思う」と森山監督もゴールが生まれなかったことを悔やむ。

「格上の相手に対して、日本人の我慢しながら、みんなで声かけながら集中して、声かけあって、戦って、こっちに流れを持ってくる、組織的な部分は見せることができたんじゃないかと思います」

 敗れてもポジティブに前を向く。圧倒的な個の力を持つチームに対し、組織力で対抗できたことには胸を張る。だからこそ森山監督は「負けたのには足りなかったことがあったわけで、それはゴールにつながるクオリティや、ゴールに向かう迫力、あとラストのところですね。それはこれからの宿題」と、課題も明確に理解している。

 このW杯で一旦U-17代表としての活動は終了となる。選手たちはそれぞれの所属クラブへ戻り、持ち帰った課題を成長につなげていくことになる。誰もが認める一体感のあるチームを作り上げた森山監督は「選手たちは大泣きしていましたが、その涙はこれからの大きな成長のエネルギーにして欲しい」と、共に戦った教え子たちにエールを送った。

(取材・文:舩木渉【コルカタ】)

text by 編集部