@AUTOCAR

写真拡大 (全13枚)

マクラーレンMSO Rとは?

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が、新たなビスポーク・スーパーカー「MSO R」を発表した。クーペ/スパイダー各1台の生産である。


675LTをベースとするMSO Rは、3.8ℓのM838TL V8ツインターボ・ユニットを搭載。

フードとそれに続くリアセクションを除いて、2台にメカニカル面の違いはない。


しかしその2台が、なんと、同じカスタマーに届けられるというから驚きだ。
 

688馬力 アグレッシブな外観が特長


チタニウム製のエグゾーストは、排気口部分をハンドポリッシュ加工。出力は675psから688psに高められている。駆動力は、7速デュアルクラッチ・オートマティックを介して、後輪に届けられるパッケージだ。


外観は、アグレッシブな空力パーツを採用。
 ツインエレメント・リアウイング
 フロント・ドライブプレイン
 MSOビジュアル・カーボンファイバーパック
 5本スポークホイール
を特別装備している。ホイールの色は、クーペはサテンブラック。スパイダーはグロスブラックを選んだ。
 

価格は5000万円超え?


内装は、ダッシュボードがブラックアルカンターラ仕上げ。MSO Rの刺繍が入ったレッドバケットシートとは対照的な色合いを選んだ。また、センターコンソールには、モデルの出自を示す「MSO R」のプレートを配した。


マクラーレンは、個々のビスポークモデルについて価格を明らかにしない方針であるが、今回の2台はともにベースとなる675LTの車両価格(日本仕様:4353万4000円)を優に超えることになるだろう。
 

MSO R画像ギャラリー