外国メディアが、オーストリアの各業界は目の前のマンネリから飛び出し、教育や科学技術、イノベーションなどの将来と深く関わっている重要な話題に目を向け、中国に超えられることを防ぐべきだと報じた。写真は中国上海。

写真拡大

外国メディアが、選挙に直面しているオーストリアの各業界は目の前のマンネリから飛び出し、教育や科学技術、イノベーションなどの将来と深く関わっている重要な話題に目を向け、中国に超えられることを防ぐべきだと報じた。参考消息網が16日付で伝えた。

独ドイチェ・ヴェレが11日にオーストリアの「ヴィーナー・ツァイトゥンク」に掲載された文章を引用して報じたところによると、現在、中国の科学技術の成果は世界を驚かせており、先進国家は中国に超えられることを懸念しなければならないという。現在、上海では隅から隅まで電気自動車が見られ、街の屋台でも携帯で決済することができる。以前、人々は中国製品の質について愚痴をこぼし、中国人の革新意識をからかっていたが、その時代はすでに去ったのだ。現在の中国人は、いつも最新の革新成果や最も良いアプリを話題とし、周りの知人の海外留学状況について語り合うのだ。

それとは逆に、西側世界は別のシーンだ。西側国家は中国に超えられる危機に直面している。欧州が未来の発展に遅れないようにするために、現在必要なのは根気、勇気と動力だ。だが、政客は国民に未来への希望を与えるのではなく、国民を怖がらせているのが現実だ。今回のオーストリアの選挙戦で、科学、教育、イノベーションなどはあまり言及されていない。世界にとって、中国の科学技術がもたらしたショックを受ける時になったのだという。(提供/環球網・編集/黄テイ)