Image: Microsoft

待ってましたー!

2015年より発売開始されたMicrosoftの純正ノートパソコン「Surface Book」。ディスプレイとキーボード部分の特殊なヒンジが特徴で、タブレットとノートパソコンの2in1のモデルです。SurfaceのモバイルPCの中でもっともハイスペックのこのシリーズに、後継機「Surface Book 2」がついに登場しましたよ!

Image: Gizmodo US

今回のSurface Book 2は、15インチと13.5インチの2種類のサイズが登場。15インチモデルは、最新の第8世代Intel Core i7(クアッドコア)プロセッサ、NVIDIA GeForce GTX 1060 GPU(6GBのグラフィックメモリ)、16GBのRAMを搭載しており、内部ストレージは256GB、512GB、1TBから選択できます。値段は2,499ドル(約28万780円)から。

13.5インチモデルは内部スペックの違いで2種類用意されています。上位モデルは、最新の第8世代Intel Core i7(クアッドコア)プロセッサ、NVIDIA GeForce GTX 1050 GPU(2GBのグラフィックメモリ)を搭載しています。下位モデルは第7世代Intel Core i5プロセッサ、Intel HD Graphics 620のオンボードGPU搭載となります。

また、上位モデルのRAMは8GBか16GB、内部ストレージは256GB、512GB、1TBと選択可能ですが、下位モデルはRAM8GB、内部ストレージ256GBの一択となります。値段は上位モデルは1,999ドル(日本版:26万2224円)〜、下位モデルは1,499ドル(日本版:20万664円)となるようです。

Image: Microsoft

最大の注目ポイントは、Windows 10 Fall Creators Updateで正式リリースされる「Windows Mixed Reality」にネイティブで対応していることでしょう。スペックを見ても、Windows MRに耐えられるマシンなのはわかるのですが、ラップトップでMRができることを大きく打ち出すSurface Book 2には大きな意義を感じます。

Image: Gizmodo US

また、すでにSurface Proなどにも採用されている、高解像度のPixelSense ディスプレイを搭載し、第2世代のSuface ペンやSurface Dialにも対応。クリエイティブ方面にもしっかりアプローチしてきました。

日本のMicrosoft公式サイトでは13.5インチのみの取り扱いになりますが、ハイスペックなSurface Bookファンにとっては待ちに待ったアップデートではないでしょうか! 事前予約は11月9日から開始ですよー!



Image: Microsoft, Gizmodo US
Video: YouTube
Source: Microsoft(1, 2)

(Doga)