姿勢保持装置の電動化装置『B-GO』で遊ぶ子供のイメージ


 「歩けない子供たちに自ら移動する経験をさせてあげたい」

 大分県にある別府発達医療センターで理学療法士をする武智あかねさん(30歳)は、いくつかのもの作り企業に開発協力を求めたときに、こう訴えていた。

 「注文通りのもの作りをしてほしいのではなく、自分で歩くことができない重い障がいを抱える子供たちを理解したうえで、私たちと一緒に考えてほしい」

 これに応えたのは半導体製造装置メーカーのブライテック(大分県大分市)だった。歩行器や車いす、姿勢保持装置の電動化装置『B-GO』を開発した。

 汽車の先頭車両をモチーフにしたデザインで、車いすや歩行器などの前方に取りつけて牽引する。小さな手で握れる大きさのジョイスティックで操作する方向に進める。遊園地で乗り物に乗るように楽しめるという。

 今年9月末に東京ビッグサイトで開催された国際福祉機器展で、武智さんとブライテックで技術開発部部長を務める相原茂さん(58歳)に開発の背景を聞いた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

子供たちの世界を理解できるもの作り企業

 武智さんは、別府発達医療センターで重症心身障害児という重度の身体障がいと重度の知的障がいをもった子供たちのリハビリに取り組む。

 「子供の発達は神秘的。赤ちゃんは発達の過程で寝返りをして、座って、立って、歩けるようになります。しかしその一方で、こうした過程を踏んでいくことが難しいお子さんもいます」

 「そのような子供たちが楽しめて、自分の意思で移動することを経験する。それを積み重ねることで世界の広がりを感じてもらいたい」

 武智さんは、このように企業との開発を考えたきっかけを話す。

国際医療福祉機器展で『B-GO』を展示する武智あかねさん(別府発達医療センター理学療法士)と相原茂さん(ブライテック技術開発部部長)


 先進的な取り組みをする海外では、ハイハイやつかまり立ちができなくても移動する体験をすることで知的発達や社会性の発達を促せるという報告がある。

 歩行の自立が難しいからこそ、自分の動作で周りの景色が変わることや、自分からお母さんのそばに寄って行ける喜びを経験してほしいという武智さんの思いが足かけ4年でようやく形になった。

 大分県から宮崎県に広がる東九州地域では、東九州メディカルバレー構想という産学官の医工連携を推進する仕組みがある。

 医療現場が困りごとを開発案件として提案し、企業が手を上げる。「開発に協力してくれる企業が見つかった」とブライテックの相原さんを紹介されたのは、それから1年経った頃だった。

 新規事業を担当する相原さんが、医療分野を模索していた時に巡り合わせた。

 「半導体だけでは事業成長が難しい時代。新しい領域への事業創出をやらないといけない時期でした」と相原さん。半導体装置を開発する企業が福祉に参入する最初の案件となった。

 とはいえ、電動化装置を設計するにあたっては技術的な基礎知識やノウハウ、そしてなによりも医療現場を知ることが必要だった。

 武智さんは、重症心身障害児の世界を理解してもらうため、相原さんに何度もリハビリの現場に見学に来てもらい、子供たちが自ら移動する体験の意義と思いを伝えた。

 武智さんや他の理学療法士と子供たちのやり取りから溢れる笑顔に「なんとしても製品化しなければ」と相原さんは共同開発の決意を固めたという。

 ブライテックの開発に技術的支援をしたのが、歩行の力学的計測をはじめリハビリテーション機器開発に実績のある大分大学理工学部の池内秀隆准教授らだ。

 具体的には、歩行器に対して装置がどう動くと使いやすいか、引っ張る力はどれくらい必要かといった基礎的なことから、装置を使う子供の上達具合といった効果計測などに至る。

 最初はぎこちなかった動きがだんだんとスムーズになるという経過もタイヤの動きや動作から計測し、子供たちが直感的に操作した通りに動くことを目指した。

ギラギラしたアルミからカラフルな汽車へ

 『B-GO』を開発するにあたって、「電動化には様々な方法があり、その中から前から取りつけて牽引する形にしたのは、後ろから押す場合の制約などを考慮した結果だと相原さんは言う。

 「今あるものを買い換えるのではなく、リハビリに来る子供たちが自分の補助具をそのまま使えるようにしたかったからです」

 実際に、武智さんによると、座ることもままならなかったり、姿勢が保てず寝たきりだったりという重症度が高い子供は、座位保持椅子や車椅子を特注するのが一般的。

 「自分専用のモノでないと使えないお子さんが多いですし、自分が使っているものを自分で動かすことができたら、負担なく楽しめるのではと思います。幼児が使う装置だから“おもちゃ”っぽさにこだわりました」と武智さん。

 実は、工業製品の製造が中心のブライテックにとっては、ここが一番ネックだったという。装置の機能自体はお手の物でも、医療や福祉という以前に幼児向けの製品開発を手がけたことがなかった。

 「製品のコンセプトが固まる前の試作品ではアルミむき出しの電動化装置を作ってしまいました」と、技術ありきではいけないことは分かっていたつもりでも、リハビリ現場の人たちからは評判が悪くて反省したと相原さん。

 「見た目はこんなにシンプルなのに」と子供が遊びたくなる装置作りの難しさを振り返る。

製品を設計するため歩行器の動き出す力を計測する大分大学の研究者


遊びながら移動を経験できるリハビリを実現

 重症心身障害児と言われる子供たちは、小さく生まれる低出生体重児であったり、生まれながらに脳に障害を抱えていたり、ダウン症のように染色体に異常があったりなど、原因や症状は様々。

 「リハビリは命の危機を乗り越えるNICU(新生児集中治療室)から始めることが多く、そこから継続的なリハビリや療育を必要とする重症心身障害をもつ子供たちが別府発達医療センターにやってきます」

 こうした子供たちを、武智さんは「私たちが到底知ることも経験することもできない険しい道を進んできた、とても強く尊い存在」 だと言う。

 「障がいをもつ子供と、その家族が懸命に成長していく過程がある。その子にとっては周りの環境や人、ものごとに触れて生活する力をつけていくため、家族にとっては子供の生命と生活を守りながらより豊かな経験を共に積んでいくためのリハビリだと考えています」

 こう話した後、武智さんは「実は乳幼児に対する理学療法は、リハビリテーション(rehabilitation)ではない」と続けた。

 「“再び”を意味する“リ(re)”を取った“ハビリテーション(habilitation)”なんです。低下した能力を改善するのではなく、初めて能力を養っていく。幼児も家族も、みんなで一緒に成長、発達するための治療です」

 『B-GO』は、子供が自分の意思で前に進むなどの移動経験を周りの人たちと分かち合うための道具として、リハビリの現場や学校、施設など多くの場面で使ってもらいたいと望む武智さんだ。

 今回は、障がいを持った子供たちが“おもちゃ”で遊ぶようにリハビリ治療に取り組める機器を開発したブライテックと理学療法士の取り組みを紹介した。

 ブライテックのように、自社で培った技術を医療や福祉に生かそうという企業は増えており、同時に、医療現場からも相談ごとを持ちかけやすい時代になったと言えよう。

筆者:柏野 裕美