プリウス誕生20年目となる2017年、トヨタは「EVの壁」にぶちあたった(資料写真、筆者撮影)


 まさか、こういった形で自動車産業の大変革が始まるとは──。

 2017年8月4日、トヨタとマツダが資本提携に関する記者会見を開き、連携する事業の1つとして電気自動車(EV)の共通プラットフォーム開発を挙げた。

 この事業連携を具現化したのが、9月末にトヨタ、マツダ、さらにトヨタ系部品メーカーであるデンソーの3社が共同で設立したEV開発企業「EV C.A. スピリット(Spirit)」だ。

 同社には、トヨタとの関係が深いダイハツ、スバル、さらにスズキが参画する可能性が高いとの情報が世の中を駆け巡っている。EVプラットフォームについては、フォルクスワーゲンやダイムラーなども量産計画を発表している。

 仮に、日系自動車メーカー各社が共同でEVを開発するとなると、これまでの自動車開発のあり方が大きく変わることになる。

 簡潔に表現すれば、『自動車の中身はどれも一緒で、違うのは外観だけ』になるということだ。

 EV C.A.スピリットの設立当初の株式構成は、9割をトヨタが占めている。その結果、「マツダ、ダイハツ、スバル、スズキのEVは、どれも中身はトヨタ」ということになるかもしれない。

「EV C.A. スピリット(Spirit)」の体制イメージ(出所:トヨタ)


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「中身は一緒」はそう簡単にはバレない

 実は、こうした「自動車メーカーは違っても『中身は一緒』」というビジネスモデルは、現在でも行われている。

 最もポピュラーなやり方は、高級ブランドを派生させたときである。例えば、中身は独フォルクスワーゲンのアウディ、中身はトヨタのレクサス、中身はホンダのアキュラ、そして中身は日産のインフィニティ、などがそれに当たる。

 ただし、高級ブランド化するためにはそれなりの付加価値が必要なので、例えばエンジンの排気量を大きくして高出力化するなどの手段を講じる。そして、インテリアでは意匠と材質を変えることで高級感を演出する。

 こうした各種の改良や演出の効果は非常に大きく、一般消費者が日常生活の中で「あの自動車とこの自動車の中身は一緒」という意識を持つことはほとんどない。

 なぜならば、その自動車の潜在能力を100%発揮させるような、時速200キロメートルを超える高速走行や、サスペンションやタイヤに極めて大きな負荷がかかる急激なコーナーリング走行をする機会は、まずないからだ。

 逆に言えば、自動車メーカーのテストコースでそういった極限状態での走行を行うと、筆者のように長年にわたって自動車開発の現場に直接携わってきた者は「中身は一緒」だということを簡単に見抜けてしまう。

 一例を挙げよう。今年の初め、某自動車メーカーの北海道テストコースで高級ブランド車の雪上試乗をした。その際、エンジニアらに各車両の走行状態について指摘すると、彼らは「これは、中身は〇〇〇と一緒ですから、走りの限界も当然そのレベルに落ち着きます」と表現していた。

 これがEVになると、サーキット走行のような高速走行をする機会はさらに減り、もっぱら街中や高速道路での“おとなしい走行”が主体となるはずだ。「中身は一緒」であることは、ますます一般消費者にとって気にならないだろう。

 ちなみに、自動車業界では、中身どころか丸ごと“ほとんど一緒”というケースもある。OEM(Original Equipment Manufacturing)供給と呼ばれる手法がそれだ。

「OEM供給」とは“相手先ブランド供給”のことである。例えば、日産の軽自動車「デイズルークス」は、三菱自動車が水島工場(岡山県)で製造する「eKスペース」と同じ製造ラインで組み立てられている。つまり、“ほとんど一緒”の自動車だ。

サプライヤーの数は10分の1に?

 話を「EV C.A. スピリット」に戻そう。今後、トヨタ、マツダ、デンソーなどが共同で開発するプラットフォームは、車体のみならず、モーター、インバーター、大型電池、そして各種の制御に関するソフトウエアなど多岐にわたる。

 そうなれば当然、共通部品の数が増え、部品を供給するメーカーの数はかなり少なくなるはずだ。一般的に、ガソリンエンジン車からEVへと変わることで自動車全体の構成部品の数は半減すると言われるが、今回のように日系の複数社がEVプラットフォーム化を行う場合、既存の部品メーカーの数が10分の1になることも考えられる。

 これまで自動車メーカー間で、こうした究極の「中身は一緒」製法について議論が行われてきた。しかし、あくまでも理想論にとどまっていた。なぜなら、自動車メーカーはそれぞれが長年にわって部品メーカーと苦労を共にしてきた。そうした部品メーカーを切り捨てることは、決して簡単にできないからだ。

 だが、世界の自動車業界は、ドイツメーカー主導で一気にEV本格普及に向けて動き出した。日系自動車メーカーもその波に飲み込まれてしまった今、自動車部品産業の大再編は待ったなしの状況と言ってよい。

ダイムラーがメルセデスの小型車向けに開発したEV用の電池パック。上が前方から、下が後方から撮影した写真(筆者撮影)

【訂正】記事初出時のデンソーに関する「トヨタの子会社」という記述を「トヨタ系部品メーカー」に修正しました。(2017年11月30日)

筆者:桃田 健史