アイスランドのオーロラを見に行く旅で訪れた間欠泉(写真提供:SPI あ・える倶楽部、以下同)


 日本人の平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳(2016年)。日本が世界を代表する長寿大国であることは言うまでもない。

「最近は元気な高齢者が多い」ともよく言われる。しかし、実は日本人の健康寿命は短く、男性は最後の約9年間、女性は約13年間を、自立した生活の困難な「要介護者」として過ごしているのが現実だ。その数、約630万人で年々増加している。

 日本社会は古来、「姥捨山伝説」に象徴されるように、生産活動に従事できなくなった高齢者を排除する傾向が強い。現代においても、いったん要介護者になったら、家族が強引に施設に入れたり、家族間で介護の押し付け合いをしたりするなど、“厄介者扱い”は常態化している。

 高齢者本人は、人生のすべてをあきらめ肩身の狭い思いをしながら“消化試合”のような日々を送り、そして死んでいく。

 しかし、そういうことで本当に良いのだろうか?

「13年とか9年といった長い晩年期をイキイキと過ごせるようにしてあげるべきではないのか?」

 そんな義憤に駆られ立ちあがった男性がいる。「介護旅行」という、それまで世の中に存在しなかった事業分野を創出し1つの「業界」にまで育て上げた「SPI あ・える倶楽部」代表取締役・篠塚恭一氏(56)だ。

「旅行会社は、長い歳月をかけて個々のお客様と深い信頼関係を築いていきます。それなのに、お客様の身体が不自由になった途端、“もうお客様ではない”とバッサリ切り捨てるのは、おかしいと思いませんか? でも、それが、これまでの日本の旅行業界の実情だったのですよ」と篠塚氏は憤懣やるかたない表情で語る。

 この事業を始めて今年で23年。これまでの旅行参加者数は1万人を超え、約74%がリピーターだ。参加者の平均要介護度は3.1。高齢者顧客の平均年齢は82.5歳。最近は若い人々の間で「親孝行ギフト」としても人気だという。

 この事業のお蔭で、ストレッチャーに横たわったまま海外を旅した人もいるし、歩行困難でありながら北極圏を犬ぞりで疾走し夢にまで見たオーロラを仰ぎ見た女性もいる。

 そんな多くの夢を紡いできた同社のオフィスは、東京都渋谷区にある。企画・管理業務は、篠塚さんを含め、常勤5人、在宅6人(東京・群馬・静岡)のスタッフで回している。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

通常の旅行業務の10倍手間がかかるビジネス

「SPI あ・える倶楽部」代表取締役・篠塚恭一氏


 現在のサービス内容に関し、篠塚氏は次のように説明する。

「大きく分けると3つです。お客様仕様によるご自宅からの旅を支援する『介護旅行』、買い物・観劇・冠婚葬祭・転院など日常生活での外出を支援する『お出かけ日和』、そして、有料老人ホームなどの施設からの団体旅行を支援する『グループ介護旅行』です」

 いずれの場合も、篠塚氏が自ら設立したNPO法人「日本トラベルヘルパー協会」で研修を受講し資格認定を受けたトラベルヘルパー(=外出支援専門員)がサポートする。

 トラベルヘルパーは、介護ヘルパーや看護師等の有資格者を中心に、登録者が増え続け、今や800人に達する。活動拠点(=トラベルヘルパーセンター)も全国7か所(+業務提携4か所)に及んでいる。

「お客様は、年齢的には70代の方が最も多いですが、もちろん80代、90代の方々も多数参加していますよ。

(1)ご自身が旅に出たいという希望を持ち、その意思確認ができること、
(2)ご家族やそれに代わる方(日常生活が分かる方)が同意していること、
(3)主治医やケアマネジャーなど医療・介護の専門家(日頃の介護状況がわかる方)の許可があること、

という『3つの確認』が取れる方であれば、たとえ、最も重い『要介護5』でも参加できます」と篠塚氏は言う。

 この『3つの確認』からも分かるように、介護旅行は、通常の旅行と異なり、お客の身体状態を把握するところから始まる。その上で、本人の希望ならびに身体状態にマッチングする旅行プランを立案し、それに適合するトラベルヘルパーを割り振る。

 篠塚氏は断言する。

「介護旅行は、スタッフの仕事量という点では、通常の旅行業務の7〜10倍の手間がかかります。特にたいへんなのが、旅行に出る前のそうした準備段階なのです」

 近年は、「SPI あ・える倶楽部」の躍進を機に、介護旅行事業に参入する企業が増え、ひとつの「業界」を形成しつつある。そういう中にあって、同社には特に「要介護度が高い」など他社では対応の難しい、高度な専門性を要するお客が多く、それが同社の競争優位性を構築している。

新緑の信州、梓川(あずさがわ)の岸辺を訪れた旅行参加者


介護旅行参加者のビフォー・アフター

 介護旅行に参加する人々のビフォー・アフターを見てみよう。

 ある日、80代の女性が、「新聞を見たのですが・・・」と緊張した様子で電話をかけてきた。

「夫が温泉好きなので海の見える温泉に連れていきたいのですが可能でしょうか」と不安げに尋ねる。

 早速、篠塚氏たちは、ご主人の身体状態を把握し、伊豆半島の温泉地への旅行プランを立案。彼女の想いをかなえてあげることに・・・

 温泉宿も事情を理解し協力。一般のお客のチェックアウト後の時間帯に、トラベルヘルパーの介助のもと温泉に入れることになった。

 ご主人の感激ぶりは想像を絶するもので、入浴中、大粒の涙を流し続けていたという。そして、トラベルヘルパーに、こう語ったという。

「ふだんは歩けないけれど、温泉の中では歩けた気がする」と。

「もう二度と旅なんてできない」と諦めていた人が、思い出の地を訪ね、あるいは風光明媚な観光地に遊び、温泉につかり美味しい料理に舌鼓を打てた時の歓びは、まさに格別だ。

「こうした体験が、実は、お客様の“その後の人生”を大きく変化させるのですよ」と篠塚氏は語る。

「大多数のお客様は、それまで、“すみませんね”と“ありがとう”を繰り返すだけの毎日でした。ところが、旅先では立場が逆転し、行く先々で“ありがとうございます”と頭を下げられ感謝されるのです。それはうれしいですよ。“まだ生きていてもいいんだ”と感じることができるのです。

“人生最後の旅”と覚悟して出発したのに、旅を終えると“もっと生きたい。また旅に出たい。そのために、日々のリハビリをもっと頑張ろう”、参加した皆さんは、等しくそうした思いに駆られるのです。

 だから、たとえば、自宅に引きこもっていた独居のご老人の姿を、旅行後には近所で頻繁に見かけるようになったりします。旅行したことで話題もでき、生活が活性化するのです」

 個人差はあるが、それまで歩けなかった人が、旅をきっかけに意識や生活スタイルに変化を生じ、リハビリに精を出し、結果、歩けるようになったり、要介護度が下がったりすることもあるという。要介護高齢者にとって「希望や目標を持てる」ことが、どれほど大切か分かる。

 世界に先駆けて「超高齢社会」に突入した日本で、「要介護高齢者に生き甲斐を創出する」という事業を実現している篠塚氏であるが、ここに至るまでの道のりは困難そのものであった。後編では、そんな篠塚氏のこれまでの歩みと、「東京五輪2020」に向けた壮大なプランをご紹介したい。

(つづく)

筆者:嶋田 淑之