ノーベル文学賞が日系英国人のカズオ・イシグロに、またノーベル平和賞が、2017年7月7日に国連採択された核兵器禁止条約の推進に尽力した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に、それぞれ与えられました。

 カズオ・イシグロの受賞は個人的に大変嬉しく、また一音楽家として、彼の全作品に目を通し直してから改めて何か書きますので、しばらくご猶予ください。

 ただ、日本という言葉に関連して微妙なニュアンスも目にするので、内容以前に1つだけ。

 日本は、国会議員などでもいろいろ問題になったように複数国籍の留保を認めていません。子供の頃、複数の国籍がある人は、日本を取るか、捨てるか、どちらかの選択を迫られることになります。

 カズオは、日本を捨てたとは言いませんが、少なくとも「英国を選んだ」英国人作家で、彼の文学は英文学の伝統の上に、英国〜国際社会、あえて言えば人類社会の問題に正面から向き合う性質のものです。

 彼の生い立ちや記憶の一部に、日本は確かに関わっているけれど、それをナショナリスティックに喜ぶようなことはお門違いと言うべきでしょう。

 むしろICANには日本人幹部、何より広島・長崎の被爆者が多数コミットしており、これこそまさに「日本人が受賞した」すなわち「実戦で核兵器を投下された唯一の国の国民がノーベル平和賞を受けた!」として国を挙げて歓迎すべきものであるはずです。

 本来ならば・・・。

 もしそうでないとすれば、どこか根本的におかしいので、おかしい要素は昨今の流行の言葉でいえば「排除」の対象とした方がいいのかもしれません。

 ともあれ、日本人は「ノーベル賞」に対して、どこかアサッテな反応を示しやすい。先日は「日本人がサイエンスでノーベル賞を受賞すると理系に進む子供が減る」という、「ほんまかいな話」すら目にしました。

 いわく、ノーベル賞受賞者が研究の苦労を語ると、そんな大変な目に子供を遭わせたくないと、親が子供に理系進学や科学者を目指すのを思いとどまらせるよう働きかけるという・・・。

 目を丸くするというか、本当なら世も末と思わざるを得ませんでした。そこで、この絡みから、教育の問題を考えてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

世界の大学ランキングで東大凋落

 少し前に発表された国際大学ランキングで、東京大学が大幅凋落という話題に触れました。

 日本の学術機関は対策を立てねばなりませんが、対策以前に今どういうことが起きているのかを、きちんと振り返っておく必要があるように思います。

 今年もノーベル賞のシーズンが始まり、関連の原稿を書くことになりますが、これは、どうしたら日本からノーベル賞級の仕事がコンスタントに出続けるか、という問いでもあります。

 長年書いていることですが、結論は「賞が欲しい、なぞというイジマしい短慮短見では永遠に本質的な大成果は上がらない。もっと事物や自然、宇宙の本質を見据えて仕事する人材を増やさないと日本沈没」ということです。

 ワンパターンで不易流行の結論にほかなりません。ただし人材育成の各論となると、実に様々ということにならざるを得ない。

 この問題について、イタリアやドイツ、オランダの専門家と議論してきましたので、日本の未来を支える人材育成、高等教育について、現状を含めいくつかご紹介してみたいと思います。

 私が東大に呼ばれた1999年頃、日本には2つのブームがありました。

 1つは社会全般、インターネット導入に代表される「IT革命」のキャンペーン。そしてもう1つが高等教育に限局した「大学院重点化」という動きです。

 両者が合流する「IT革命に連動した大学院重点化」という枠組みで、34歳まで給料というものをもらったことのなかった私が、大学に勤めるようになったのでした。

 この当時喧伝された中で、後で振り返って明らかに問題だったと思われることの1つに「ポスドク」の採用があります。

 俗に「ポスドク」と略称しますが、ポスト・ドクトラル・フェロー、すなわち大学院で博士の学位を取得した後、数年間「フェロー」として俸給を受け、それまでの研究を継続することができる人のことです。

 高等学術推進の国策に鑑みて、悪くない政策と考えられたのですが、それは「国家100年の計」ならぬ10年スパンの先を読まない計画だったと言わねばなりません。

 新卒ストレートで28歳の若い博士が、仮に10人、5年間「ポスドク」として仕事が継続できたとします。その間アウトプットがあれば、それはそれで何よりと思います。

 さて5年後33歳になったポスドク諸氏に、専門や業績にあった常勤の定職が十分あるかと問われれば、率直に言ってないわけです。

 でも研究は続けたい。で、1年、2年、いろいろな「グラント」その他で食いつないで、仮にもう5年続いたとしましょう。

 10年前は28歳の新進博士たちは、すでに38歳、十分社会の中堅と言える年齢になっていますが、その器量に見合った職位、分かりやすくいえば大学の教授や助教授、あるいは国立研究所や企業R&Dの専門職が準備されているのでしょうか。

 そんなものはありません。

 結果は一概には言えません。極めて多様なケースがあり、全体を取り上げて良いとも悪いとも簡単には言えません。

 ただし少なくとも一定数、30代も半ばになって、結局行き場がなくなってしまった、本来は才能豊かな専門家を、十分に生かせない状況が間違いなく生まれたわけです。

 大学の観点としては、必ず改善しなければならない宿題の1つを抱えているというべきでしょう。

 これには少し「発展形」があります。およそ良い「発展」ではないのですが・・・。

 大学全般に21世紀に入って若手教員の任期雇用が非常に増えました。

 先ほどの「ポスドク」よりは「助手」(今日では「助教」という表現が用いられていますが、私はどうも馴染みません、使ってはいますけれど)などの定職に就く方が「安定」しそうに見えます。

 しかし、実のところその職位も時限爆弾みたいなもので、3年とか5年とか期間が過ぎれば「ハイさようなら」という状況、つまり、落ち着かないわけですね。

 30年ほど前、私がまだ学部学生だった頃、当時工学部長と平行して文科省で学術情報センターを率いておられた猪瀬博教授から次のようにアドバイスを受けた話をあちこちで何度も書いてきました。

 「10年かかってシステム・インテグレーションなさることをお勧めします。私もそうしましたから」

 鳩を撃つ豆鉄砲の機関銃みたいなものをパラパラ出すより、腰を据えて本質的な問題に取り組んでしっかりした成果を出すのが大事、というお勧めです。

 私自身もちょうど10年後に人事があり助教授に着任しましたが、大きな問題にがっぷり四つで取り組むスタンスで一貫しています。

 ところがそういうことが、短期雇用の小分けが増えてしまって、成立しにくくなっている。

 かつて利根川進さんが免疫グロブリンの仕事を成し遂げられたときは、まる6年、つまらない小物の論文などゼロで1つの仕事に集中し、仕事は進みましたがまだ完成せず、もう1年むりやり任期を延ばしてもらって、やっと出た決定打の仕事が、日本人としては最初のノーベル医学生理学賞を受賞した経緯がありました。

 ちなみにこの柔軟な人事はスイスでのことで、日本人とはいえ日本での仕事ではありません。

 2年だ3年だという小分けの任期つき人事でキャリアパスができてしまうと、そこで何とか食いつなぐだけの、現実的ではあるけれどコンパクトなテーマで仕事がやっつけになりやすい。

 個別にはいろいろなケースがあるにせよ、全般的な傾向としては否みようがありません。

 東京大学に関しては、五神眞総長が心血を注いで、一時は300人ほどにまで減ってしまった若手研究者の長期雇用を、何とか元の900人程度まで戻すよう、奮励努力の最中です。

 しかし、日本全体としてどのようになっているのか。何であれ、大学国際ランキングの凋落を期に、改めて考える価値のある問題と思います。

オランダで重視される職業教育「100年の動機」

 子は親の背を見て育つ、などと言われますが、大学・大学院で後輩は先輩たちの姿を見て成長していくものです。

 上で触れた「ポスドク」あるいは「任期付人事」の持つ、最大かつ本質的な害毒は、そうした上世代の挙動を見て影響を受けてしまう、若い学生たちへの波及効果であるように思います。

 すなわち、本質的な問題に腰を据えて取り組むといったことではなく、「こういうときは、こんなふうに要領よく立ち回るとメリットがある」式の小知恵ばかりが跋扈する大学になってしまう。

 TIPSという言葉がありますが、そんな小知恵ばかりが広まって、学生も研究も成果もすべてが「小粒化」していく状況の回避、克服こそが、実は今の日本の高等学術に、一番本質的に求められています。

 ドイツでもイタリアでも、またオランダでも、私が共に仕事しているあらゆる仲間の大学教員の一致した意見でもありました。

 国家100年の計を考えての人材育成、といった話題については、「インダストリー4.0」などとの関連で別原稿を準備することとして、今回はオランダで聞いてきた「学生一人ひとりの100年の人生を考える」という話を紹介したいと思います。

 いま上に記してきたように、日本では善くも悪しくも、高等教育機関が輩出する専門教育を受けた人材の数と現実社会の職の口の数がおよそ対応していません。

 自由と言えば聞こえがいい。「岩盤なんちゃら」がどうしたとかいう話もありました。

 しかし、逆に言えば元手をかけ、何よりも若者が二度とないティーンや20代の時間を使って精励した専門が、社会生活に全く生きないという、相当クレージーな状況が常態化している日本の病に、今更ながらに気づかされます。

 日本では、高校生に進路を決めさせるとき、親の意向が優先する場合もあるでしょうし、子供に「好きなようにしていいんだよ」というケースもあると思います。

 その際、教師と生徒、あるいは親子の間でどれくらい「議論」が成されているか、私自身は定かに把握できていません。

 ただ、例えば高校生が「理系進学」と言えば、教師は「あ、理系ね。じゃぁ受験科目はコレコレの中から選んで・・・」といった具合に、現実の手続きを先に進め、必ずしも生徒自身の選択については、あれこれ云々しないのではないかと思います。

 すべてのオランダの教育がそうではないかもしれませんが、上記のような日本のケースとは極めて対照的な生徒指導の話をアムステルダムで聞いてきました。

 子供が「理系進学」と口にしたら、「どうして理系なの? 絶対に理系でなくてはだめなの? ほかの選択肢はないの?」といった細かな議論を、生徒一人ひとりと徹底して時間をかけて交わすというのです。

 その進路の良い面も、また良くないかもしれない面も、徹底して進学以前に子供自身に考えさせ、その議論を共有する。

 この「子供自身に進路のデメリットまで徹底して考えさせる」という姿勢と極めて対照的な1つとして、

 「ノーベル賞報道を見て、科学者は大変と親が思い、子供にサイエンスへの進路や進学を思いとどまらせる親」という話ほど、残念な好対照を見せるものは昨今見たことがないように思っています。

 そこで、この進路の問題を改めて考えたいと思いますが、紙幅が尽きました。続きは次回に改めてと思います。

(つづく)

筆者:伊東 乾