秋が深まると伊那食品工業の本社も紅葉が美しい。


 社員を大切にする経営一筋で50期連続増収増益の伊那食品工業(長野県伊那市)が、人手不足時代に入っても採用に困るどころか日本中からますます優秀な学生を集めている(前回の記事参照)。

 世の中が成果主義人事ブームに沸いていても馬耳東風。頑なに年功序列を守ってきた。

 その結果は社員の給与水準は同業他社より上がり、若くして一戸建て住宅を購入、さらに生活の安定から3人以上の子供を持つ社員が増えているという。少子高齢化が進む日本にとってありがたい話である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

生活の安定が画期的商品を生み出す

 安定を求めるのは変革への大敵という考えがあるとしたら間違いだ。伊那食品工業の場合には、生活の安定が様々な画期的製品を生み出すのに一役買っている。

 伊那食品工業の製品は「寒天」である。日本市場の約80%、世界市場の15%のシェアを誇る。

 世界シェアが低いのは、同社が日本市場を中心にしていることもあるが、寒天は約400年前に日本で生まれた食材であり、世界ではほとんど食用にされることなく、細菌などの培養用の用途がほとんどという理由が大きい。

 寒天はテングサやオゴノリといった海藻から作る。

 日本では古くからこれらの海藻を煮詰めた煮汁を冷まして固化させた「ところてん」に酢や蜜をかけて食べる習慣があった。江戸時代初期に、ある“事故”によってこのところてんから寒天が生まれた。

 寒天の起源として知られているのは、1685年、京都の伏見で旅館を営んでいた美濃屋太郎左衛門が寒い冬に、食べ残したところてんを屋外に放置したこととされている。

 夜の間にところてんは凍り、そして日中の日差しを浴びて干からびてしまった。からからに乾いたところてんを太郎左衛門は再び食べようと思ったのか、水に浸しておいたところ再びゼリー状になった。

 それを食べてみると、何とところてんの海藻臭さが抜けていた。これはいいと作られるようになったと言われる。そして漢語で「冬の空」を意味する「寒天」と名づけられた。

 寒い冬に凍らせ、そして天日干しにするという自然頼みの製法を工業化したのが伊那食品工業だ。品質が格段に向上、冬の間だけだった製造期間も通年になった。

 寒天は非常にシンプルな食品と言っていい。しかし、だからこそ実は研究開発のし甲斐がある。

様々な食品の原料として使われる「寒天」

伊那食品工業の製品。寒天は様々な食品に使われている。


 品質管理を徹底して大量生産し業務用の寒天として販売する一方、様々な食品に混ぜて新しい食感や風味を引き出すことができる。

 各種スープやゼリー、プリンの素材として、サラダや雑炊用の食材として、チーズケーキや蜂蜜などに混ぜ込み型崩れが起きないようにするために・・・。

 シンプルなだけに知恵を絞れば絞るほど新しいアイデアが浮かんでくる食品と言っていい。塚越寛会長は「伊那食品工業では社員の10%が研究開発に携わっている。わが社にとって研究開発は命綱」と言い切る。

 実際の研究開発に携わる社員が10%だとしても、そこには営業や製造なども関わらなければ新しい製品は生み出せないわけで、社員総出で知恵を絞る会社と呼んでもおかしくない。

 マニュアル通りに働くだけの仕事なら、どんなに複雑な仕事でもいつかはロボットに置き換えられてしまう可能性が高い。それ以上に、そういう作業はいくら続けても働く人に大きな成長をもたらさない。

 毎日、創意工夫しながら生活する人と、マニュアル通りの仕事を続けさせられる人。もしスタート時点で全く同じ能力だった人がいたとして、創意工夫する人とマニュアル通りに働く人では1年365日で大きな違いが出てくるはずだ。

 10年、20年経てばその差は決定的となる。

 いまやあまり語られなくなった感があるが、日本の製造業がなぜ強くなったのか。恐らく最大のポイントは現場の考える力にある。

 トヨタ自動車などが導入したQC(品質改善)活動は、社員に時間外の仕事を強いると批判されたこともあったが、現場で働く人一人ひとりが常に考えながら仕事をする訓練を積んできたという意味は大きい。

 世界で約1000万台の自動車を売るトヨタ、米GM(ゼネラルモーターズ)、独フォルクスワーゲン各グループ。販売台数では世界の“ビッグスリー”として拮抗しているが、株式市場から見た評価は全く異なる。

トヨタの時価総額はGMの3倍以上

 企業価値を示す株式時価総額で、第1位は圧倒的にトヨタ。2位はダイムラー・ベンツでトヨタの半分以下、フォルクスワーゲンはやっと3位という状態だ。GMに至っては時価総額はトヨタの3分の1以下である。

 トヨタ生産方式を経営の真髄とするトヨタは、「改善後・改善前(改善が終わった時点ですでに改善を待つ状態になっているという意味のトヨタ用語)」という言葉が示すように現場は日々改善を行っている。

 トヨタの品質管理も生産性も基本はこの現場が知恵を出す仕組みに支えられていると言っても間違いではない。こうみると、トヨタと伊那食品工業は経営的に同類の企業と言えなくもない。

 類は友を呼ぶという。実はこの2社はここ数年、急速に接近しつつある。

 きっかけは塚越寛会長の経営理念である「年輪経営」を本で読んで知った豊田章男社長が「ぜひお会いしてお話を聞きたい」と連絡してきたことだという。2015年のことだ。

 しかし、伊那食品工業は社員第一のために未上場を続けている。かたや世界のトヨタは株主の利益を追求しなければならない。いくら経営理念が似ているからと言って、相容れない部分が多いのではないか。

 そう塚越寛会長に聞いてみた。会長は「私の見方では」と前置きして次のように語った。

 「お父さんの章一郎さん(豊田章一郎名誉会長)が社長を引かれてから章男さん(豊田章男社長)まで、何代かサラリーマン社長の時代が続きました」

 「みなさん必死で頑張られ素晴らしい業績を残されたと思います。しかし、自分の代に良い成績を上げようと必死になればなるほど経営は近視眼的になりやすい」

 「立派な業績には感謝・尊敬しつつ、章男さんには何か歯痒いものがあったのかもしれません。ご自身の考えている経営とは少し離れてしまうような・・・。そこで私のところにご連絡があったのだと思います」

トヨタの関連会社トップも次々訪問

 トヨタの豊田章男社長はこれまでに決して便利とは言えない場所にある伊那食品工業を何度も訪れている。そればかりではない。

 「デンソーさん、トヨタ車体さん、アイシン精機さん・・・。トヨタさんの主な部品メーカーのトップの方々に次々と訪問していただいています」。塚越寛会長の長男である塚越英弘副社長はこう話す。

 世界のトヨタは伊那食品工業から何を学ぼうとしているのだろうか。

(つづく)

筆者:川嶋 諭