東京ディズニーシー「ザ・ヴィランズ・ワールド」 ©Disney

写真拡大

秋は、寒かったり暑かったり微妙な季節。

【写真26枚】TDR「ディズニー・ハロウィーン」フォトギャラリー

半袖がいいのか、長袖がいいのか、防寒具は必要なのか等、東京ディズニーリゾートに遊び気に行く服装に迷ったときの秋の服装ガイドです。

仮装をする人のための防寒対策なども併せてご紹介していきます。

舞浜の寒暖差には要注意!

東京ディズニーリゾートに遊びに行くと、アトラクションを待ったり、パレードを待ったり、外で過ごしている時間が長くなりますよね。

そうすると、外気温の影響をもろに受けます。

暑い時期から寒い時期に移り変わる季節。

秋は過ごしやすくてちょうどいい気候だと思っている方は要注意!

昼間はちょうど良くても、日が暮れて冷え込むことが多いんです。

日によっては、昼間は暑く夜が寒いなんてこともしばしば・・・

閉園まで楽しみたいと思っている方は特に、なにかしらの防寒が必要になってきます。

必ずアウターを持って行く

ちょっと荷物になるかもしれませんが、必ずパーカーなどの羽織るアイテムを持っていきましょう。

あくまで目安ですが。

9月:カーディガン、薄手のパーカー

10月:厚手のパーカー、ジャケット等のアウター

など、その日の気温に合わせて、着ていく、もしくは持っていく「羽織るもの」を選んでください。

昼と夜の寒暖差も心配ですが、室内の寒暖差もあるので、できれば脱ぎ着ができるものがいいかもしれません。

東京ディズニーリゾートでも、さまざまなパーカーやトレーナーなどのアウターが販売されているので、現地で調達するのもOK!

ちょっと「もったいない」と思うかもしれませんが、普段でも着られるようなデザインのものもあるので、お土産にする気持ちで購入してもいいですね。

まだまだ着たいパークTシャツ

東京ディズニーリゾートでは、2017年9月8日(金)から10月31日(火)まで、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催中。

スペシャルグッズとして、ハロウィーンデザインのTシャツも販売されいます。

寒くても「まだ、半袖が着たいな・・・」という方は、長袖シャツとの重ね着コーディネートがオススメ!

襟付きの無地のシャツや、無地のTシャツなど、自分好みのカラーで合わせてみると楽しいですよ。

仮装する人も気を付けて

2017年の「ディズニー・ハロウィーン」は期間中、毎日フル仮装OK!

まだまだドレスやワンピースなど、薄着な仮装も楽しみたいですよね。

なかなか上着を着られるような仮装じゃない、荷物を多くしたくない、という方はストールを持ち歩きましょう。

昼間から冷え込む場合は、中に着込むのもひとつの手。

寒がりな方はカイロの持参も忘れずに。

仮装については、細かなルールもありますので、東京ディズニーリゾートの公式ホームページを確認してみてくださいね。

足元はブーツでも大丈夫

意外と迷う靴のセレクト。

東京ディズニーリゾートに遊びに行くときは「歩きやすい靴」というのが鉄則ですが。

9月ごろからはブーツでも大丈夫な気候です。

意外に足元からも冷えやすいので、サンダルや生足はオススメできません・・・。

女性の方はタイツのデニールで調整するのがオススメです。

季節の変わり目で体調を崩しやすい季節。

風邪を引かないためにも、寒暖差に対応できる「調節のきく服装」で楽しんでくださいね。