30代で恋人ができたり、結婚できたりする女性の特徴について、「高望みしないこと」とする記事が先日、SNS上で議論の的に。「年収にこだわる人も実際はそんなにいないと思うけど」「誰かに何かをしてもらいたいなら、まずは自分から誰かに何かをしてあげること」などの意見が交わされました。“モテる”30代女性について、専門家はどのように考えるでしょうか。オトナンサー編集部では、ラブライフバランス研究所代表で恋愛結婚カウンセラーの水野真由美さんに、良い相手に出会うために必要なことを聞きました。

本当にモテる人は「パッケージ」で選ばない

Q.婚活に苦戦する30代女性の特徴について。

水野さん「本当にモテて、いわゆる3高と付き合ってきた女性はスッと結婚していきます。結婚相手に選ぶのは、突出したエリートやイケメンではないけれど、『誠実』『寛容』『気が利く』など性格の良さが際立つタイプ。たくさんの3高と付き合ってきた女性ほど、男性はパッケージ(見た目・学歴・収入)よりも中身、ということに気づいているため、結婚相手の決め手に迷いがないのです。一方、婚活に苦戦するのは『一度だけ医者と付き合った』『一度だけイケメンに告白された』といった中途半端なモテ女子。それが成功体験になってしまい、それを基準に相手を探すのですが、20代のように相手を選んだり、アレコレ注文をつけたりしても相手に選ばれないので、何も始まりません。選べる立場にないという現実に気づかないまま、時間だけが過ぎていくのです。今の男性は優しいので、あからさまにはフリませんが、こうしたタイプの女性は『彼とはドキドキしなくて…』などと男性側の問題にしがち。自分を振り返ることができない人は苦労します」

Q.結婚に夢見がちな女性も苦戦しますか。

水野さん「その通りです。『自分は楽な仕事に変えて、夕食時は夫と語り合ったり、時々はオシャレをしてレストランで外食したり、海外旅行も年1回は必ず行きたいです』などと願望を語りますが、そもそも、そういうことができる男性は、社交的でモテるし、家に居ついてはくれないでしょう。浮気はしないにせよ、奥さんとだけ遊ぶなんてこともありません。そういう男性と結婚するには、自分も一目置かれるような、個性際立つ魅力的な女性でなければなりません。また、最近の男性はほとんどが共働き希望です。結婚して、仕事を辞められたり、子どももいないのにパートに変えられたりすると困ってしまいます。それをにおわす会話ばかりしていると結婚相手からは外されやすいでしょう。それより『私、先に仕事行くね。ゴミ出しといて』『はいはい』みたいな、共に働きながら家事を当たり前にこなす夫と結婚したほうが幸せ。それに気づくと婚活は途端にスムーズになるはずです」

求められる「感動力」「共感力」「尊重力」

Q.30代女性が彼氏を作ったり、結婚したりするために大切なこと、実践すべきことは。

水野さん「相手の恋愛モードに乗れること。もしくは、相手の恋愛スイッチを入れられること。そのためには、相手とのコミュニケーションが大切ですが、特に求められるのが、『感動力』『共感力』『尊重力』です」

「感動力」=心の豊かさ、活発さ

 感動力の高い人は…

・感受性が豊かなので心のこもった会話ができる
・いろいろなことに興味が湧き、心がよく動く
・人生を楽しいと感じることが多い

水野さん「心にいろいろな思いがあると、自然に会話が増えます。関心の幅も広いため、一緒にいて楽しく、ささいな優しさや男らしさも喜びや感動と共に受け止めてくれるので男性の恋愛スイッチが入りやすくなります」

「共感力」=相手の心に寄り添い、喜びや悲しみを受け止める力

 共感力の高い人は…

・相手の気分をまるで自分のことのように感じられる
・泣いている相手を見ると、その理由が分からなくても胸が苦しくなり、喜んでいる人を見ると、それだけで自分も何だかうれしくなる
・同じ世界を共有している気持ちになれるので、思ったことを自由に言える
・心のつながりを深めることができる

水野さん「相手を理解し、親密な関係を築くには、相手の心に共感することが必要です。相手は『自分を理解してくれている』という実感が湧くので、恋愛スイッチが入りやすくなります。良い意味で恋愛体質なのは共感力の高い人のこと。逆に心が平板で思い込みが強い人は、相手の感情を素直に受け止めることができないので、いつまでも互いに他人行儀のまま。人を好きになれない、恋愛できないと言い続けるのはこのタイプです」

自分のルールと目線に縛られないこと

「尊重力」=相手の立場や行動を思いやり、受け止められる力

 尊重力の高い人は…

・相手を認める姿勢がある
・他人を批判することが少なく、何事も肯定的に受け止める
・自分の思いを押し付けることなく、相手をリラックスさせる

水野さん「あんなのあり得ない。私のやり方とは違う。どうしてそうなるの。いい男がいない。といった具合に、とにかく、自分ルールや自分目線だけに縛られている人の婚活は絶対に成功しません。相手は自分と別の価値観、別の世界観で生きていることをまず認めましょう。相手の恋愛スイッチを押させないでいるのは、実は自分です。認め、受け止め、許す力がない人は結婚生活もうまく行きません」

(オトナンサー編集部)