朝ドラ女優の土村芳が藤本隆宏とコメディ『GO!GO!フィルムタウン』

写真拡大

NHK朝の連続テレビドラマ小説『べっぴんさん』の“きみちゃん”こと村田君枝役でブレイクした女優・土村芳が主演するドラマ『GO!GO!フィルムタウン〜北九州発地域ドラマ〜』が、10月18日(水)22時からBSプレミアムにて放送される。

本作は、NHK北九州放送局が初制作した地域ドラマで、市内各地でロケが行われており、いまや「映画の街」となった北九州市が舞台。主人公はロケをサポートする市役所フィルム・コミッションの女性職員・北村節子。憧れの映画監督の担当になり、市民の協力を得ながら、ロケに奔走する姿が描かれる。ドラマ初主演となる土村が、映画監督・木根間安二郎役の藤本隆宏とともに、コミカルな芝居に挑戦する。共演には、朝倉あき、光石研といった実力派俳優がそろう。

【あらすじ】舞台は北九州市。製鉄などで発展してきた街の最近の顔は、あちこちでロケが行われる「映画の街」。映画づくりをバックアップするのは、北九州市役所のフィルム・コミッション。初の女性職員の北村節子(土村)は、失敗しながらも、協力的な市民に助けられ、なんとか仕事をこなす日々。そんな彼女が独り立ちして、担当することになったのは、大ファンの恋愛映画の巨匠監督・木根間安二郎(藤本)。しかし、彼は、かつてとは全然変わっていて……。さらに今回の撮影にある決意が。そして、節子にも今回の仕事にある思いがあり……。

ロケが進むなか、監督が急きょ考えたエンディング。おおあわての準備にフィルム・コミッションと市民の力が結集! はたして、映画を撮り終えることはできるのか?