前半こそチャンスを作れなかったが、後半に久保建英は随所でらしさを見せた。(C)Getty Images

写真拡大

[U-17W杯 決勝トーナメント1回戦]日本 0(3PK5)0 イングランド/10月17日/インド・コルカタ

 0-0で粘るも、最後はPK負け。U-17日本代表はイングランドを相手に善戦したが、最後まで1点が遠かった。とりわけ、後半は相手の足が止まり、カウンターからチャンスを創出。勝利も見えていただけに悔しい試合となった。
 
 その点に関しては、エースの久保建英も無念さを滲ませた。試合後のフラッシュインタビューでは、「あと一歩までいって、勝てなかったことが正直悔しい」とコメント。試合直後ということで気持ちの整理がまだついていないようで、勝つために足りなかった点に関しては「今はわからない」と語った。
 
 ベスト16で大会を去ることになった日本と久保。「強かったけど、十分にやれていたので、勝ってもっと先の景色を見てみたかった」という言葉からも、“もっと戦いたい”という想いが滲み出ていた。この悔しさをバネに更なる成長を遂げて、3年後の東京五輪、そしていつの日かワールドカップで大仕事をやってくれることを期待したい。