芯が折れない、笑っちゃうほど。耐久力で選ぶ「シャーペン」5選

写真拡大 (全16枚)

折れやすさや書き心地に焦点を当てた、高機能なシャープペン。ユーザーニーズに応えた商品や大人向けに性能を重視したものが人気のようですが、使い心地はどうでしょうか? 今回は各社人気のシャープペンの書き心地や機能性を比べてみました。


芯をガードする独自構造で
強い筆圧でも折れません!


芯をガードする独自の内部構造で、どれだけ力を加えても芯が折れない「デルガード」の高級版。

ビジネスでも使いやすいデザインで、垂直や斜めからの強い筆圧にも独自の内部構造で芯をガードします。テストなどの場面でベストパフォーマンスを発揮し、安定した書き味も人気の秘訣です。



ゼブラ
デルガード タイプLx
実勢価格:941円
全長:146
重さ:20.5g
芯径:0.5
軸色:ブラック、ブルー、レッド、ホワイト

紙面に対し、あらゆる角度からの強い筆圧にも吸収・ガードして芯が折れないしくみで、書き心地も抜群です。

2014年11月発売以降、その機能性から中高生を中心に人気となり、2016年1月には、大人ユーザーを意識した高級シャープペン「デルガード タイプLx」が発売されました。



※画像は公式サイトより引用。

注目すべきは、内部構造のこの仕組み。



だから芯が折れません。


ぺんてるのオレンジラバーは
手帳の小さなスペースへの書き込みがラク


ブレない書き心地をテーマに開発されたぺんてるの超極細シャープペン「オレンズ」。オレンズシステムで芯が折れず、安定感ある書き心地が魅力です。

滑りにくいラバーグリップで手の動きがダイレクトにペン先に伝わるので、手帳の小さなスペースにもラクラク書き込めます。抜群の安定感、ブレない書き心地が人気。



ぺんてる
オレンズ ラバー グリップ付きタイプ
実勢価格 : 417円
全長:145
芯径:0.2、0.3



ハードタイプのグリップで、小さなスペースにもブレずに文字が書けます。


速記士や記者用に開発した
ロングセラー商品のプレスマン


速記士や記者向けに開発されたロングセラー商品。プロが愛用する滑らかな書き心地を実現し、使い勝手は抜群です。



プラチナ万年筆 プレスマン
実勢価格:209円
全長:148
重さ:8.1g
芯径:0.9



クッション圧を高めて、高い筆圧にも対応。


一般的な芯より約15倍も強い!
プラチナ万年筆のオ・レーヌ シールド


二重構造のペン先カバーと内部構造で芯への衝撃などを伝わりづらくし、一般の芯よりも約15倍もの強度を実現したスグレモノです。低価格も魅力。



プラチナ万年筆
オ・レーヌ シールド シャープペンシル
実勢価格:216円
全長:150.1
重さ:9g



内部のスプリングが芯をしっかりガード。



女子向けにパステルカラーもあります。


芯が折れにくく安定した筆記
トンボ鉛筆のモノグラフワン


芯折れしにくく安定した筆記のトンボ鉛筆のモノグラムワン。ペン先は製図用シャープに採用される高精度の固定パイプ式。

全長50个MONO ONE消しゴムを搭載し、全6色のカラフルなラインナップも人気で、シャープペンと芯をMONOブランドで統一できます。



トンボ鉛筆
モノグラフワン
実勢価格 : 270円
全長:150



MONO ONE消しゴムは別売もあります。(2本入りで108円)。

最後に番外編となりますが、普段でも使える製図用シャープペン3本をご紹介します。


細かな文字も線も書きやすい
ステッドラーの製図用シャープペン


4个離蹈鵐哀好蝓璽屬濃覲Δ鮃く確保でき、細かな文字や線も書きやすく、定規を使ってもラクに線が引けます。グリップは滑り止め加工。



ステッドラー
製図用シャープペンシル 925 65
実勢価格 : 367円
全長:138
重さ:11.5g
芯径:0.5弌0.3、0.7、0.9个發△蝓


振るだけで芯が出る本格製図用
ゼブラのテクトツーウェイ


中心部を持って上下に振るだけで芯が出てくる不思議なシャープペン。本格的製図用シャープペンの書き心地が学生にも人気となっています。



ゼブラ
テクトツーウェイ
実勢価格 : 538円
全長:149
重さ:23.9g
芯径:0.3、0.5、0.7
カラー:銀、オレンジ、黒、赤(0.5は左記4色+青)


プロ仕様のぺんてるスマッシュは
ビジネスシーンにぴったり


手になじむシリコンゴムのグリップで、小さなラバーグリップが指にジャストフィット。シックな色合いでビジネスシーンにも合う今や定番の人気商品です。



ぺんてる
スマッシュ
実勢価格 : 686円
全長:139
重さ:13g
芯径:0.5

シャープペンの「芯が折れる」という弱点を見事に克服し、機能性もパワーアップした商品が目白押しでした。手帳に使うものやオフィスで使うものなど、シーンに合わせて選んでみてください


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。