知ってた? iPhoneの写真はSDカードに保存できるんです

写真拡大 (全5枚)

プライベートでも仕事でもiPhoneをお使いの方は多くいらっしゃいますよね。でも、写真やムービーを撮り貯めていくうちに内蔵メモリでは収まりきらなくなることってありませんか? 中に入っているのはどれも捨てがたい大切な思い出。簡単に捨てることなんてできない! という方はそのデータを外に移して活用する手もあるんですよ!


あらゆるデータを中継できる
夢のような組み合わせ


iPhoneの容量問題は常に我々の頭を悩ませてきましたが、もうその必要はなくなるかもしれません。

パソコンに接続したりiCloudを活用したりせずとも、その場でさっとSDカードやmicroSDカードにデータを移すことがきるんです。そう、このアイテムならね!



WOPOW
i-FlashDevice
実勢価格:1380円

SDカード、microSDカード、USB、microUSB、そしてライトニングに対応する、なんとも汎用性が高すぎるアダプター。便利なものが存在するものです。

若干、転送速度にもたつきを感じることはありますが、支障になるほどではありません。

専用のアプリはインターフェイスがこなれていて、パッと見で理解できるレベル。



PCやデジタル関連に弱い(私のような)方でも、すんなり使いこなせるはず。

サイズもコンパクトなので、持ち歩いてもまったく問題ナシですよ!


メモリとバッテリー
双方の不足を同時に補う



IMATION
LINK
Power Drive
実勢価格:1万3500円

こちらは容量16GBの外付けメモリとして、データのバックアップや保存領域の拡大を行うことができるアイテムです。ケーブルを挿せば、移した先のデータ内容も確認できるので、必要なデータをうっかり外に出すことなく保存ができます。

しかもです。なんとその上、3000mAhのバッテリーを内蔵してるんです! データの閲覧、転送中に電源が落ちてデータが消えてしまったなんてトラブルになることもありません。



ケーブルも一体化しているのも素晴らしい! ケーブルを別個に持ち歩く必要もありませんし、なくして使えなくなるようなミスも防げます。

キレイな画質の写真や、傑作長編動画などが増えるたび、データの容量は増えていきます。そんなお悩みは、賢いデータ管理でお得に乗り切りましょう!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。