U-17日本代表は奮闘むなしくPK戦の末イングランドに敗れてW杯ベスト8進出ならず【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 0-0(PK 3-5) イングランド U-17W杯決勝トーナメント1回戦】

 U-17W杯の決勝トーナメント1回戦が17日に行われ、グループEを2位で突破した日本はグループF首位のイングランドと対戦した。

 14日のグループステージ最終戦・ニューカレドニア戦はメンバーを大幅に変更して戦った日本だったが、今回は初戦ホンジュラス戦と同じベストメンバーでイングランドに挑んだ。

 GKの谷晃生(G大阪ユース)以下、ディフェンスに右から喜田陽(C大阪U-18)、菅原由勢(名古屋U-18)、小林友希(神戸U-18)、鈴木冬一(C大阪U-18)、ダブルボランチに平川怜(FC東京U-18)とキャプテンの福岡慎平(京都U-18)、右サイドにここまで4ゴールの中村敬斗(三菱養和SCユース)、左サイドに上月壮一郎(京都U-18)、そして久保建英(FC東京U-18)と宮代大聖(川崎F U-18)が2トップを組んだ。

 序盤の4分、日本はこの試合最初のチャンスを作る。左サイドでボールを受けた上月がドリブルでカットインしてミドルシュート。右足で巻いた一撃はGKに弾かれたが、幸先のいいスタートを切る。

 しかしその後はイングランドにボールを握られる時間が長くなり、中盤でプレッシャーがかからなくなったことで度々ピンチを迎える。それでも日本は菅原を中心とした粘り強い守備で耐え、反撃の機会をうかがう。

 37分には日本に大チャンス。平川が右サイドからドリブルで仕掛けてペナルティエリア内まで切り込み、ヒールでラストパスを送る。だが、それに反応した中村のシュートはブロックされ、こぼれ球に詰めた上月のシュートもわずかに枠外に外れてしまった。

 後半は静かな立ち上がりとなる。日本は早めに1枚目の交代カードを切り、54分に中村を下げてドリブラーの椿を投入。すると少しずつ流れが日本に傾き始める。70分を過ぎるとイングランドに疲れが見え始め、久保や宮代が惜しいシュートを放ってゴールを脅かした。

 それでもスコアは動かない。87分から89分にかけて日本は立て続けにゴールに迫るが、わずかにネットを揺らすまで至らない。後半アディショナルタイムは5分。そこでもゴールは生まれず決着はPK戦に持ち越される。

 年齢制限のない大会では90分間の後に延長戦が設けられているものの、U-17W杯でそれはなく直接PK戦となる。

 日本は後攻。両チームとも2本目まで成功し、先攻のイングランドは3人目のフィル・フォーデンが左下に決める。しかし、日本の3人目として蹴った喜田がGKカーティス・アンダーソンにストップされてしまう。その後イングランドは全員が冷静にPKを沈めた。

 この結果、PK戦を5-3で制したイングランドが準々決勝進出。日本は優勝候補をギリギリまで追い詰めたが、あと一歩足らずベスト16で涙を呑むこととなった。

【得点者】
なし

text by 編集部