【詳細】他の写真はこちら

シンガーソングライターの“ましのみ”が、2018年2月にメジャーデビューをすることが決定した。

独特な歌詞と中毒性の高いポップな楽曲で注目を集めている現役女子大生“ピアノ女子”のましのみ。メジャーデビューすることは、10月14日にshibuya WWWにて開催したフリーワンマンライブ内で発表された。

ましのみは2015年からキーボードの弾き語りスタイルで、音楽活動を開始。2016年にヤマハグループが開催する「MUSIC REVOLUTION第10回東日本ファイナル」で約3,000組の中からグランプリを獲得したことをきっかに一気に注目を集めた。以降、インディーズで2枚のアルバムを発売している。

今回、先着応募制で募集がかけられたフリーライブの会場には、500人のファンと業界関係者が集結。開演直前にすでに満員で溢れかえった会場には、ライブ中にステージドリンクに2リットルのペットボトルの水を飲み干すことがトレードマークの彼女にちなんで、大きなペットボトルに「ましのみ」のシンプルなロゴが浮かび上がっている。

会場が暗転するや、オープニングSEの、彼女が自己紹介の際に流すゆるいラップ「ましらっぷ」が観客を盛り上げたまま、新曲「Hey RADIO」でライブはスタート。インディーズ時代の人気曲「ハッピーエンドが見えません」や、バンドマンに遊ばれる女の子をうたった「2コードのシティポップ」、そして10月に配信限定でリリースしたばかりの「プチョヘンザしちゃだめ」など、アンコール2曲を含む全12曲が披露された。

ライブ後半にMCで「重大発表があります!」と促し、軽快なリズムとともに映像を交えて、冗談まじりなプライベートなネタで笑いを誘う彼女が、三度目の正直とばかりにカウントダウンをすると、会場のモニターには「ましのみ ポニーキャニオンからメジャーデビュー!」の文字が! 2018年2月7日にメジャーデビューアルバムが発売されることが告げられると、会場からは惜しみない拍手が送られた。

「初めてのライブに出たときから、私は音楽を生業にしていこうと心に決めていました。もっともっと多くの人たちに私の音楽を聴いてもらいたいと思っています。ファンの皆さんはもちろん、直接的でも間接的でも私の音楽に関わってくれている方々に感謝でいっぱいです」とミュージシャンとしてのスタートラインに立てたことの感謝と決意を語り、その心情とリンクする独特な歌詞が印象的な「それ以外」を弾き語りで披露して本編の幕を閉じた。

アンコールで再び登場した彼女は、「WANKO=SOBA」「ミスター」と2曲を披露したが、ふとステージバックに目を移すと、開演前は水がいっぱいだったロゴをあしらえたペットボトルは、今できる音楽のすべてを出し尽くした今の彼女を象徴するかのように、アンコールを終えたときには空っぽとなっていた。

終演後、当日のセットリストとともに2リットルのペットボトルの水が配布され、とまどいながらも、会場を出てもなおファンからは笑いの絶えないライブとなった。

なお、このライブの模様はLINE LIVEで期間限定のアーカイブでの視聴が可能となっている。

また、ライブでも披露されたメジャーデビューアルバムにも収録される予定の「プチョヘンザしちゃだめ」のミュージックビデオも本日公開。あらたにメジャーシーンへと飛び出すシンガーソングライター、ましのみの今後に注目だ。

PHOTO BY 木村智軌

<セットリスト>

1. Hey Radio

2. 【サポートされていない恋愛形式です】

3. 名のないペンギン空を飛べ

4. ハッピーエンドが見えません

5. Q.E.D.

6. やりくりゲーム

7. 2コードのシティポップ

8. エゴサーチで幸あれエブリデイ

9. プチョヘンザしちゃだめ

10. それ以外

アンコール

EN-1. WANKO=SOBA

EN-2. ミスター





リリース情報



2018.02.07 ON SALE

ALBUM『タイトル未定』

LINE LIVE『ましのみフリーライブ生配信!!@渋谷WWW』視聴URL ※2018年1月15日までの期間限定配信

https://live.line.me/channels/73/upcoming/5637898

ましのみ OFFICIAL WEBSITE

http://mashinomi.com/