「RADICAL CALL FOR LOVE」ビジュアル

写真拡大

 若手ファッションクリエーターの育成・支援を目的としたファッションコンテスト「LVMH Young Fashion Designers Prize」の2017年度グランプリを受賞した「マリーン・セル(MARINE SERRE)」が、受賞コレクション「RADICAL CALL FOR LOVE」を発売した。ロンドン、ニューヨーク、銀座、シンガポールのドーバー ストリート マーケットのみで取り扱われる。
 デザイナーのマリーン・セルはベルギー系フランス人。「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」やラフ・シモンズ(Raf Simons)期の「ディオール(Dior)」を経て、 現在は「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のデザインチームに所属している。「RADICAL CALL FOR LOVE」は、 スポーツウエアと19世紀中東のコスチュームという対極的な要素を融合させたコレクション。ドーバー ストリート マーケットでは、シャツ(5万5,500円)やジャケット(13万9,500円)、コート(7万5,500円)、ドレス(22万4,500円)、アクセサリー(1万7,500円/いずれも税別)などをラインナップする。