眉:眉頭、角度、色。組み合わせて自分のなりたいイメージをつくる

「くすみの隠し方・小顔に見せるベースメイクのコツ|若々しく美肌に仕上げる」1回目は、ベースづくりのコツを紹介しました。2回目は、自分の個性を決定づけるといってもいい、眉と目元のメイクです。

よく「眉は顔の額縁」といった表現が使われますが、実際に眉は形や色が違うと、同じ顔なのに輪郭や性格までまるで違って見えるくらい、印象を左右する重要な場所です。とくに眉頭は表情筋によって激しく動く場所で、眉頭の位置と角度しだいで個性がほぼ決まってしまうんです。
たとえば、笑っているときは眉間の力が抜けるので、眉頭が離れてやや上がります。逆に物事を真剣に考えているときは、眉間に力が入るので、眉頭が下がって寄りますよね。その特徴を利用して、自分のなりたいイメージに眉を描くといいのです。

つまり、ほんわか幸せそうな顔をつくりたいなら、眉頭を離して眉間を広めにとり、眉頭もやや上にとり、眉山までの角度をあまりつけないでおく。知的でシャープに見せたいのなら、眉頭をやや寄せて、こころもち下からスタートし、眉山まで角度をつけて描く。ちなみに、眉は角度をつけないと顔が平面的に見え、角度をつけると立体的に見えるんですよ。
さらに眉の色は淡いとカジュアル&優しく、濃いとエレガント&シャープに見え、太さもやや太めだとカジュアルに、細いとシャープに見えるので、これらを組み合わせて自分のなりたいイメージを眉でつくっていけばいいのです。

●ハッピー癒し系の眉
癒し系の顔を目指すなら、眉頭を離し気味にして眉間を広くとります。とはいえ、あまり広くとりすぎるとボーっとして見えるので、目頭と同じか、やや内側の位置を目安に描き始めます。色はソフトブラウン系がおすすめ。

●キリッとデキル女系の眉
知的でシャープな顔を目指すなら、癒し系に比べて眉頭を下の位置にとって眉山との高低差をつくり、眉山まで角度をつけます。眉頭も癒し系より寄せますが、寄せすぎると気難しそうに見えるので注意を。濃いブラウン系で描くとさらにシャープ感アップ。

目元:アイライン、アイシャドウ、マスカラ。塗り方で表情ががらりと変わる

ある化粧品メーカーの調査では、メイクで最も力を入れるのはアイメイク、と答えた人が全体の7割以上いたとか。「目ヂカラ」という言葉が生まれるほど、目のインパクトはその人の生命力、意志の強さ、輝きといった、魅力を表現する場所。たとえ癒し系といえども、目には力をプラスするのが今のトレンドです。
ただし同じインパクトを与えるにしても、アイライン、アイシャドウ、マスカラの塗り方しだいで、表情がガラリと変わります。ここでは、「丸くカワイイ」癒し系と、「切れ長でシャープ」のデキル女系の二つのインパクトアイメイクをご紹介します

●癒し系アイライン
アイラインのファーストステップは、癒し系もシャープ系も、まつ毛の間を埋める、隠しアイラインが大切です。とくに癒し系は「アイラインを入れました」感をあまり強調せずに、目をクリンとさせ、目ヂカラをアップできていいんです。アイラインが下まぶたににじみやすい人は、隠しラインをペンシルよりリキッドアイラインで入れるのがおすすめです。

●デキル女系アイライン
シャープな目元をつくるときも、まず黒のアイラインでまつ毛の間の肌色を塗りつぶす隠しアイラインは同じ。さらに切れ長の眼差しをつくるために、目尻側を3〜4ミリ斜め上へはみ出して横に大きな目をつくります。

●癒し系アイシャドウ
可愛らしい丸い目を、濃淡3色のアイシャドウでつくります。ポイントは、まつ毛際にいくほど濃くなるように縦のグラデーションをつくること。アイシャドウはパール配合のものがおすすめ。オレンジやブロンズなど暖色系を使うとより癒し度がアップ。

●デキル女系アイシャドウ
キリッと切れ長のシャープな目を、濃淡3色のアイシャドウでつくります。ポイントは目尻側にいくほど色が濃くなる横のグラデーションをつくること。アイシャドウはパール配合のものがおすすめで、ブルーやシルバーなど寒色系を使うとシャープ度がアップ。

●癒し系マスカラ
目を丸く大きく見せるために、まつ毛全体を根もとからしっかりカールしておくことが大切です。

●デキル女系マスカラ
目を切れ長に見せるために、まつ毛は根元から緩やかにカーブさせ、とくに目尻側のまつ毛は外側へ流れるようにカールしておくことが大切です。

次回最終回は、チークと口紅のコツです。仕上がりをお楽しみに!

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2011年10月に配信された記事です