中国では「日本は礼儀や礼節を重んじる国」と言われている。実際に日本を旅行で訪れた中国人たちは日本人の礼儀正しさやマナーの良さに驚くようだ。しかし、高齢者を敬うことも礼節の1つと考えている中国人にとって、公共の交通機関で高齢者に席を譲らない日本人が多いことも驚くことのひとつらしい。(イメージ写真提供:(C)sepavo/123RF)

写真拡大

 中国では「日本は礼儀や礼節を重んじる国」と言われている。実際に日本を旅行で訪れた中国人たちは日本人の礼儀正しさやマナーの良さに驚くようだ。しかし、高齢者を敬うことも礼節の1つと考えている中国人にとって、公共の交通機関で高齢者に席を譲らない日本人が多いことも驚くことのひとつらしい。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人はなぜ高齢者に席を譲らないのか」と疑問を呈し、礼儀を心得ているはずの日本人が席を譲らない原因を考察する記事を掲載した。

 まず記事は、日本では公共の交通機関に優先席が設置されていることを紹介し、優先席では高齢者に席をゆずる人もいるが、優先席でない場所では逆に席を譲らないことを指摘。ただし、日本ではラッシュ時であっても優先席を占領する若者は少ないと紹介した。

さらに、日本人は「年寄り扱いされることを嫌う」とし、高齢者に席を譲ろうとしても、「年寄り扱いした」として、逆に失礼な行為になってしまう恐れもあり、判断が難しいことを強調した。

 日本の公共交通機関で高齢者が立っている様子をよく目にする背景にはこうした理由があるのだと伝えた記事に対して、中国のネットユーザーからは、「日本を訪れた際、電車で高齢者に席を譲ったことがあるが、気分を害している様子はまったくなかった」、「中国では高齢者に席を譲らないと高齢者からこっぴどく罵られる。日中の高齢者の考え方はまったく正反対なんだな」といった声が寄せられていた。

 中国の公共交通機関の座席はまさに「早い者勝ち」で、乗客が降りる前から空いている座席を目指して乗り込んでくる人が少なくない。また、高齢者も若者に自ら「席を譲れ」と要求するケースも多く、拒絶した若者と高齢者が殴り合いの喧嘩に発展するケースもしばしば見られる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)sepavo/123RF)