グリコのプッチンプリンシリーズにバニラビーンズをきかせて中にフォンダンカスタードを入れた「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」が2017年10月17日(火)から全国のコンビニ限定で登場しました。初めてプッチンプリンの素材にラム酒を使い、3種の食感と味わいが楽しめる少し贅沢な大人のプッチンプリンになっているとの事で、実際に購入して食べてみました。





プリンブランドシェアNo.1※1『プッチンプリン』からほんのりラム酒をきかせた、ちょっと贅沢な大人の味『贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード 95g』2017年10月17日(火)より全国のコンビニエンスストア限定で新発売

https://www.glico.com/jp/newscenter/pressrelease/20229/

さっそく「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」を買ってきました。



パッケージはこんな感じ。



フタは金色で縁取られていて贅沢な気分にさせてくれます。



そして「フォンダンカスタード」がとろけだしたプリンが描かれており期待が増します。



レギュラーのプッチンプリンだと原材料には5番目に生乳が記載されています。対して「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」の原材料は1番最初に生乳が記載されているので、生乳が多く含まれているのがうかがえます。



そして、原材料に含まれている洋酒・バニラビーンズの記載が気になります。



内容量は1個95gで摂取カロリーは139kcal



比較用にレギュラーのプッチンプリンを用意しました。



レギュラーのプッチンプリンは内容量が67g、「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」は内容量が95gなので28g多く、そのためかパッケージがレギュラーのプッチンプリンよりやや大きめ。



さっそくあけてみると、「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」は生乳が多いからかレギュラーのプッチンプリンより白く見えます。



レギュラーのプッチンプリンと並べると色が白いのは一発で分かります。



お皿に「プッチン」すると……



カラメルの近くにバニラビーンズと思われる黒い粉末が見えます。



さっそく食べてみます。口に入れるとバニラの香りがほのかにして、味はレギュラーのプッチンプリンと比べてややクリーミー。カラメルと一緒に食べるとカラメルの味がアクセントになります。



「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」をスプーンで割ると……



中には「フォンダンカスタード」がたっぷり入っています。



「フォンダンカスタード」と一緒食べると、滑らかなカスタードにクリーミーなプリンと相性が良く、カスタードに含まれるラム酒とプリンのカラメルの芳醇な香りが広がって相性の良さがうかがえます。そして、カラメル・プリン・カスタードの3つがそれぞれを引き立てるように作ってあると感じました。「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」は(税込み138円)で2017年10月17日(火)から全国のコンビニ限定で登場しています。