DAZN『Jリーグ・ゾーン』がリニューアル MCのハリー杉山「一体感があるメディア」

写真拡大

 スポーツ・チャンネル『DAZN(ダ・ゾーン)』にて配信しているJリーグ中継番組「Jリーグ・ゾーン」が10月21日からリニューアルされる。

 同番組は明治安田生命J1、J2、J3リーグの放映において、同時間帯に開催される複数の試合を3試合同時にザッピングで視聴できるもの。試合はDAZN側がチャンスシーンになった試合を中心に選んでいる。

 これまでは各試合の中継から1試合が大きく表示、それ以外の2試合が小さく表示され、音声は大きく表示されている試合の実況・解説が流れるものだった。今回のリニューアルでは、「Jリーグ・ゾーン」オリジナルでMC・解説が登場するというもので、サッシャさんとハリー杉山さんがMC、元Jリーガーの下村東美さんが解説を務める。17日にはリニューアルに先立ち、トークセッションが開催。番組に出演する3名が登場した。

 3試合が同時に見られる番組ということでハリーさんは「子どものときの夢が叶ったんです。大好きなアーセナルの試合はテレビで見られても、同時に(マンチェスター)ユナイテッドの試合は見られない。ラジオで聞きながら見ていたんです。20年前から同時に映像で見られたらいいな、と思っていたので、ワクワクが止まらないですよね」と興奮気味に語る。

 すでにパイロット版を収録したというサッシャさんは、「みんなで番組を作ろう!という双方向性の番組です」と説明。同番組放送中にTwitterにて『#JZN』をつけて投稿することで、MC・解説陣がその投稿を拾いながら、質問に答えたり、「僕らが合間を埋めながら、話を横断的にしていく」番組になると話す。

 下村さんも「選手たちはピッチで面白い試合をしています。僕らはそれをしっかりと伝えなければいけません」「いろいろな視聴者の方の質問にも答えていきたい」と意気込む。

 初回放送に登場するハリーさんは、「距離が近い。一体感があるメディアです。ナビゲーターと友達感覚で楽しんでもらえればと。逆に僕にもいろいろと教えていただきたいです。厳しめの声もぜひ。これが今の時代だと思うので。Jリーグファミリーを増やしたいと思います。友達のJOYくんのように、物申したいこともあると思います。一緒にそういったところからも盛り上げていければと。皆さんのお力をぜひ、よろしくお願いします」と呼びかけている。