赤西仁主宰レーベル、<ユニバーサルミュージック>と業務提携 新アルバム発売も

写真拡大

 赤西仁の主宰レーベル<Go Good Records>と<ユニバーサルミュージック>の業務提携が決定した。同時に提携後第1作として12月12日に新アルバム『Blessèd』(読み:ブレッシド)をリリースする。

 2014年より活動を開始した<Go Good Records>は、さらなる活動の場を拡げることを目的に、海外ネットワークを持つ<ユニバーサルミュージック>をパートナーとして選出。一方、<ユニバーサルミュージック>は、赤西が創り出す音楽性が国内マーケットに留まるのではなく、日本から世界へ発信すべきものであると考え、「Are You Listening To GOOD Music?」というメッセージを掲げ、サポートすることを決めたという。

 アルバム『Blessèd』には、今年5月5日、6日の2日間、国立代々木第一体育館にて行なわれた『JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI〜Résumé〜』で初披露された新曲「Fill Me Up」「Yesterday」を含む全10曲を収録。同2曲は、ジャスティン・ビーバーやリアーナ、ブルーノ・マーズ等のプロデュースを手掛けるチームStereotypesが楽曲提供。発売に先駆け、ティーザー映像も公開されている。

 なお、同アルバムの初回限定盤A付属DVDには「Fill Me Up」のMVとメイキングを、初回限定盤B付属DVDには「Yesterday」のリリックビデオと『JIN AKANISHI 2017 DIGEST』を収録する。さらにJIP’s限定盤にはVRゴーグルとVR映像視聴用コードがオリジナルBOXケースに収納される。(リアルサウンド編集部)