寝台列車「カシオペア」。JR30周年のスペシャルツアーでは、JR貨物のEH500形電気機関車が牽引する(写真:F4UZR / PIXTA)

JR旅客・貨物7社は10月17日、発足30周年を記念した7社共同企画の「スペシャルツアー」を発売すると発表した。

1987年の国鉄分割民営化に伴うJRの発足から今年で30年を迎え、JR各社はそれぞれに30周年記念行事として乗り放題切符の発売や各種のイベントなどを実施しているが、7社共同での企画は珍しい。

ツアーは寝台列車「カシオペア」をはじめとする各社の観光列車などを乗り継ぎ、9泊10日で日本列島をめぐる「観光列車コース」と、新幹線をメインに新函館北斗から鹿児島中央まで2泊3日で縦断する「新幹線コース」の2つ。観光列車コースは「各社が運行する観光列車をつなぎ、旅の楽しみを味わってもらう」、新幹線コースは「北海道から九州まで新幹線がつながったことで日本列島の移動が容易になり、縦断の旅を2泊3日で楽しめることを知ってもらう」(ともにJR東日本広報部)ことがコンセプトだ。

貨物の機関車がカシオペア牽引

観光列車コースは「24の列車で繋ぐ じっくり日本列島縦断10日間」と題し、上野を起点にいったん札幌まで北上。新幹線などを乗り継いで南下し、高山本線などを乗り継いで北陸方面へ向かった後、在来線特急と新幹線を乗り継ぎ、さらに瀬戸大橋を渡って四国に。本州に戻った後は新幹線で九州へ上陸して長崎を訪問し、帰りは岡山から寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」で東京へ戻る……という行程だ。

利用する列車の中で特に注目されるのは、旅の始まりとなる上野から青森まで、ツアー専用として運転される寝台列車「カシオペア」を、通常は貨物列車用であるJR貨物の電気機関車EH500形が牽引すること。極めて珍しい編成が実現するだけに、運転日となる12月5日は沿線に鉄道ファンが大勢訪れそうだ。

観光列車コースではこのほか、JR北海道のリゾート列車「ノースレインボーエクスプレス」、お召し列車にも使われるJR東日本の「なごみ(和)」、JR西日本の「エヴァ新幹線」やJR九州の「A列車で行こう」など、各社の特徴ある列車が行程に含まれている。

一方の新幹線コースは、JR東海「リニア・鉄道館」の100系新幹線食堂や、金刀比羅宮(香川県)の白書院など、通常は一般公開していない場所や展示の特別公開が目玉の一つ。「JR20周年の際にはまだ実現していなかった、新幹線による北海道から九州までの旅という点もポイント」(JR東日本広報部)だ。

料金は観光列車コースが1人39万〜48万円、新幹線コースが15万円。発売は10月18日に開始する。

各社の連携は薄れている?

JR7社は、発足20周年の際にも7社共同企画として「JRオールキャスト 日本列島縦断 華麗なる列車の旅8日間」と題したツアーを行っている。この際は札幌から鹿児島へ向かうコースと長崎から札幌へ向かうコースの2つが実施され、豪華寝台車として知られた「夢空間・北斗星」と「トワイライトエクスプレス」でそれぞれ1泊しながら日本縦断するという内容だった。今回も「30周年を迎え、7社で共同のイベントを実施しよう」との機運が持ち上がったことからツアーが実現したという。

地域別の分割民営化から30年を経て、各社間のつながりが薄れてきたとも指摘されるJRグループ。発足当初の1988年には、テレビ局の企画としてヨーロッパから大陸を横断して日本にやってきた豪華列車「オリエント急行」の客車が、JR各社の連携によって日本全国を走ったこともあったが、近年はJR各社の境界をまたぐ列車は減少傾向にある。7社連携による企画も「旅行商品に関して言えば、20周年の時以来では」(JR関係者)という。貨物の機関車が牽引する「カシオペア」だけでなく、企画そのものが珍しいわけだ。

近年、新幹線や特急列車などを使って日本を縦断するツアーは旅行会社各社が発売しており、人気を集めている。今回のJRスペシャルツアーは、EH500形電気機関車牽引によるツアー客専用の「カシオペア」や、通常は非公開の展示が公開されるなど特別な点も多いものの、通常の営業運転を行っている列車を利用する部分も多く、その点では一般の鉄道利用ツアーと重なる部分もある。「JR30周年特別企画」「JR7社共同企画」のスペシャル感に魅力を感じるかどうかが人気のポイントとなりそうだ。