出典:https://www.shutterstock.com

一日の中で「睡眠」は最も無防備で、最もリラックスしている時間。睡眠時間にこそ、あなたの本当の姿が浮き彫りになるのです。

今回は、あなたの寝相から行動心理による“結婚後のあなたの姿”を浮き彫りにしていきます。

 

■布団や枕を抱きしめて眠る…寂しがり屋のかまって奥さんタイプ

寝相から、あなたは結婚するとかなり家庭中心になると考えられます。

家庭環境が上手くいっているときは、家でもパートナーに理解を示す、明るくおおらかな良き妻。

しかし、ひとたび夫婦関係でつまずくと、ヒステリックになったりひがみっぽくなるかも。心の底ではいつもかまって欲しいのです。

家庭がうまくいかなくなると頭の中が不安でいっぱいになってしまうので、衝突したら自分から謝るよう心がけるとよいでしょう。

 

■横向きで丸まって眠る…従順な大和撫子タイプ

あなたは、家事や近所付き合いはあまり得意ではようです。けれどもパートナーに対する理解力となると、抜群の力を発揮するでしょう。

仕事に行き詰まってグチをこぼす彼に、勇気を与えて適切なアドバイスが出来る大和撫子タイプのあなた。

ふいに思ったことをポロリと口に出すところは、時と場合によって相手を傷つけてしまうことがあるかもしれません。また、抱えこみやすい傾向があるので不満は小出しにするとよいでしょう。

 

■仰向けに眠る…夫を尻に敷いてリードする女王様タイプ

完璧主義のあなたは、外では謙虚で協調性もあるけれど、家では少し自分中心に振舞ってしまいがち。

パートナーに対する責任感がエスカレートすると、頑固で融通がきかなくなることもあるようです。

自分がしっかりしなきゃという責任感も大切ですが、特に大事な話は家族の意見を聞きながら進めるようにしましょう。

 

■うつ伏せで眠る…計算が得意なしっかりものタイプ

あなたは経済観念が発達していて、地に足のついた堅実な家庭を築こうとする傾向が強いタイプ。

パートナーの給料をきちんと管理して計画的に使い、貯金もコツコツするので、給料日前に焦ることはまずないはず。子育てもご近所づきあいもスムーズにいき、パートナーのご両親にも信頼されるでしょう。

けれども、場合によってはその性格が図々しい、計算高いと思われることもあるので注意が必要です。

 

精神分析医のサミュエル・ダンケル博士によると、寝相のタイプからその人の性格が関連付けられることを「スリープ・ポジション」として提唱しています。

もしもあなたが彼の横で眠ることがあれば、相手の寝相もチェックしてみましょう。彼の結婚観が見えてくるかもしれません。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Sylwia Ramach/shutterstock