竜馬四重奏

 和楽器ユニットの竜馬四重奏が、10月25日にリリースする2ndアルバム『SAMURIZE』より、アルバムリード楽曲となる「風神」のミュージックビデオを公開した。

 竜馬四重奏は、ヴァイオリン奏者・竜馬と津軽三味線の雅勝(まさかつ)、篠笛の翠(すい)、鼓の仁(じん)からなる。それぞれが自身の楽器で名のあるプレーヤーとして活躍しつつ、2008年に結成。以後インディーズ・アーティストとして活躍を続ける一方、2014年にはスペイン『日本スペイン交流400周年』3都市ツアー、2017年には『JAPAN EXPO THAILAND』や、毎年帝国ホテルで開催される『インペリアル ジャズ2017』に出演するなど、国内外問わず注目を集めている。そして2016年にアルバム『Neo Zipang』で、満を持してのメジャーデビューを果たした。

 そんな竜馬四重奏の新曲「風神」のMVは、1日に原宿クエストホールでおこなわれたプレミアムライブ『THE LIVE SAMURIZE -review-』を中心に構成された、スピード感ある映像となっており、ヴァイオリン、津軽三味線、篠笛、鼓の情熱的なフレーズがぶつかり合う映像には注目である。

 さらに、20日にはNHK総合『ニュース シブ5時』の番組内“シブ5時エンタメ”コーナーで竜馬四重奏の特集が組まれる。

 そして、アルバムをひっさげたアルバムツアーの最終公演として、2018年3月3日に『THE LIVE SAMURIZE -FINAL-』を竜馬四重奏史上、最大キャパシティとなる日本橋三井ホールでの開催が決定した。

「風神」/竜馬四重奏