DVD『「おかあさんといっしょ」スペシャルステージ 〜ようこそ、真夏のパーティーへ〜』(ポニーキャニオン)

写真拡大

「およげ! たいやきくん」をはじめ、子ども番組が発信元のヒット曲は意外とたくさんあります。子どもはもちろん、中には「毎日聴いているうちにいつのまにかハマってた」なんて親も。そして今、大人気の教育エンターテインメント番組「おかあさんといっしょ」(NHK)から、また新たな名曲が誕生したようです。

 

■ 初日からハマる親子が続出

「おかあさんといっしょ」には、月替わりで1つの曲を毎日流す「今月の歌」というコーナーがあります。元気いっぱいの歌もあれば、ちょっぴりしんみりする歌、ミステリアスなメロディの歌など幅広いジャンルの曲があるのも魅力のひとつ。

10月の歌は「おまめ戦隊ビビンビ〜ン」という歌なのですが、初日からさっそく「良い意味でヤバい歌だ!」「出たよ新たな攻めソングwww」「『おかいつ』を見ていて久しぶりに衝撃」「思わず二度見した。濃い歌キター!」とSNSでは大盛り上がりする事態に。「娘が吸い寄せられていく」「長男がめちゃ反応してる」という声も上がっていて、子どもの食いつきもハンパないようです。

また、歌だけではなく個性的なPVも注目の的。PVでは緑色、黄色、茶色、黒色の豆のかぶりものをかぶり、おまめ戦隊になりきった歌のお兄さんやお姉さんがダンスを繰り広げます。キレッキレのダンスには「面白すぎて頭から離れない」「歌と映像が脳内に延々ループする!」とハマる人が続出。早くも「来月も引き続き流して欲しい」というリクエストをする人もいます。

 

■ 「おかいつ」界のレジェンド・もりちよこ

ノリノリのリズムに合わせて繰り出される歌詞には「にまめ」「しゅうまい」などの豆を使った料理が出てくるほか、豆が豆に将来の夢を尋ねたり、「ヘバ!」「ピェ〜〜〜〜ス!」といった謎の掛け声が登場したりとなかなかシュール。

「豆と愛で世界を救うって最高かよ」「食べ物系の歌なのに歌詞がいさましくて好き」なんて独特の世界観に浸る人もいれば、「意味の分からない掛け声だけど、朝からなぜか元気が出る」と掛け声にパワーをもらう人も。

絶賛されている「おまめ戦隊ビビンビ〜ン」の歌詞を作詞したのは、作詞家のもりちよこ。実は以前から「かっぱなにさま? かっぱさま!」「たこやきなんぼマンボ」「ドコノコキノコ」など記憶に残る歌詞をこの世に送り出し、多くの人を魅了していました。

今回また「今月の歌」の歴史に「おまめ戦隊ビビンビ〜ン」が加わったことにより、視聴者の中には「もりちよこ、もはやレジェンド」「さすがと思う歌はだいたいもりちよこ作詞」「インパクトのある歌詞を作り続けていてリスペクトします!」といった声が上がっています。

大人も釘付けになる「おまめ戦隊ビビンビ〜ン」。放送が終わってしまう前に一度チェックしておくといいかも。