季節にあわせてぞくぞくと新作フレーバーが登場するハーゲンダッツ。今秋は「ミニカップ パンプキン」、「クリスピーサンド パンプキンプディング」に続き、鹿児島県産・安納(あんのう)イモを100%使用した「ミニカップ安納いも」が登場!

そこでコンビニスイーツの伝道師で人気ブロガーのはなさんに、新作のハーゲンダッツ「ミニカップ安納いも」の仕上がりについて、語っていただきました。

カップ中央に隠れたソースを絡めれば、安納イモのねっとりした甘さがたまらない!

●高級感のあるパッケージをまずは観察


種子島の特産品として有名な安納イモ。糖度が高いことで知られていて、そのおいしさは折り紙つきです。さっそくチェックしてみると、パッケージは赤紫のきれいなグラデーションが印象的。スプーンですくわれたアイスの写真が、これから味わうであろうおいしさを予感させてくれます。ベースのアイスクリームは安納イモのペーストとミルクを合わせたもの。フレッシュなミルクに安納イモのまろやかな甘さがミックスされた優しい味わいです。

●おいしさの秘密はカップの中心にあり!!

食べ進めてしばらくすると、なにかにコツンと当たる感触が!!黄金色のソースと安納イモの果肉が、中心部分に入っていました。これは「溜まりソース構造」といって、粗きざみの安納イモを、蜜のようにねっとりしたソースに絡めたものだそう。

●「ソース」と言っても最初はカッチカチ!

密度の高いアイスクリームは、冷凍庫から出した直後はカチカチと音が鳴るほどの固さ。数年前のハーゲンダッツのCMで流れていた「ハーゲンダッツのアイスクリームは濃厚だからゆっくりとけていく…」というフレーズを、ふと思い出しました。ハーゲンダッツのホームページには食べごろのサインとして「カップの外側を押して、少しへこむくらい」と記載されているので、私も食べたい気持ちをグッと抑えて、ジ〜ッと時が過ぎるのを待ちました。


個人的にはひと口めからクリーミーなアイスクリームよりも、少し固さが残りつつなめらかに溶けるアイスクリームが好きです。今の季節だと室温でフタを外して5分!これ以上は待てません(笑)!

ちょっぴりやわらかになった安納イモのアイスクリームと、粗きざみの安納イモが入ったソースを絡めて食べると、ねっとりと甘い安納イモのイメージそのものの味がしました。濃厚なミルクのコクとクリーミーな口どけはハーゲンダッツならでは。食べ進めるにつれて体温でどんどん溶けていくので、やや固さを残した状態で食べ始めるのがオススメです!!

いかがでしたか? 「ミニカップ安納いも」は期間限定発売なので、売りきれちゃう前にどうぞ!和を感じるフレーバーで秋のひとときをしっとりとおすごしくださいね!

【はなさん(写真・文)】
岩手県在住。ブログ「おやつは1日3個まで」を更新中。ほぼ毎日コンビニに通い、大好きなコンビニスイーツやパンを中心に、毎週発売される新商品情報など発信