東京都議会議員の音喜多駿氏

写真拡大

 東京都議会の会派「都民ファーストの会」(以下、都ファ)から、音喜多駿氏、上田令子氏の両都議会議員が離党した。

 両氏は、昨年7月の東京都知事選挙で小池百合子氏を支援し、「ファーストペンギン」と呼ばれた都ファ躍進の立役者でもある。2人の離党は、小池氏が代表を務める希望の党の衆議院議員選挙のゆくえにも大きな影響を与えている。

 両氏は、新たな会派「かがやけTokyo」を設立した上で、「自由な立場で真の意味での東京大改革を進める」方針を明らかにしている。都ファの何が問題で、今の小池氏をどう見るのか。音喜多氏に聞いた。

●「小池都知事は言行不一致」

――離党した理由について、あらためてお願いします。

音喜多駿氏(以下、音喜多) まず、自分の信念を貫き通すためとはいえ、都ファを離党したことについて、お詫び申し上げます。自分としては、「東京大改革」を進めるにあたって取り組みたい政策があるため、このような結果になりましたが、残念に思っています。

 支持者の方にごあいさつや意見交換をさせていただきましたが、9割方から「よくやった」「小池都知事にはガツンと言わないとダメだ」と激励の言葉をいただき、自らの役割を再認識しているところです。

 記者会見でも申し上げましたが、離党の理由は主に3点です。まず、政党としてもっとも重要な「代表交代決定事項」が密室で決められています。これは、我々が常日頃から批判している“ブラックボックス”にほかなりません。

 次に、言論・情報発信の規制です。以前、私は幹事長職に就いており、都ファのスポークスマンとして、テレビをはじめとするメディアで情報発信を行っていました。しかし、取材やメディア出演が規制されたことによって情報発信ができなくなり、特にテレビに関しては100%お断りしなければならない状況でした。

 3つ目は、小池都知事の希望の党代表就任についてです。国政と都政の二足のわらじが決して悪いわけではありませんが、都政は豊洲市場や東京オリンピック・パラリンピックなどの問題を抱えています。そんななか、今国政に進出するのが本当に正しいことなのか。「都政に専念する」と言いながら、都ファの代表を退いた後に国政政党である希望の党の代表に就任するというのは、言行不一致です。

 また、希望の党は左右両派が共存しており、「野合」のそしりをまぬがれません。都ファの都議は同党を無条件で応援しなければなりませんが、私の政治信条として、それはできません。

 これらのことが私には受け入れがたく、離党して上田都議とともに新たな会派「かがやけTokyo」を設立しました。

――「ブラックボックス」と思われた部分について、詳しく教えてください。

音喜多 人事をはじめ、重要事項の意思決定は非公開の役員会で決められています。開かれた組織や政党をうたっているのですから、本来であれば議員総会などのオープンな場で話し合う必要があります。

 以前、都ファは自民党に対して「伏魔殿であり、意思決定がブラックボックスである」と批判していたにもかかわらず、自らがそのようになっているわけです。

 幹事長時代に、「開かれた情報公開」をうたった規約案を作成し、「大切なことは議員総会で決議する」という内容を提案しましたが、差し戻しになりました。そして、重要事項が非公開の役員会で決められ、その役員会が都議に指示を下すという体制になり、“独裁”に歯止めがかかりません。議員総会で質問しても、形式的な答えが返ってくるだけです。

 たとえば根本的な疑問なのですが、なぜ都ファの代表に2代続いて小池都知事の秘書が就任するのか。はっきりとした説明はなされていません。

●「都ファがやっているのは都民への背信行為」

――以前、都ファは自民党東京都連幹事長だった内田茂氏を「ブラックボックスの象徴」と攻撃しましたが、現状について忸怩たる思いがありますか。

音喜多 あります。もともと1人の人間が強力なリーダーシップで進める政党であり、情報公開についてはやや後ろ向きですが、その代わりに「都民のみなさまに恩恵を与えます」という姿勢を打ち出していれば問題はありませんでした。政党としての姿勢には、いろいろなかたちがあってしかるべきだと思います。

 しかし、自民党の政治姿勢を徹底的に批判し、「透明性の高い運営を行い、都民のみなさまに、都政でも都議会でも情報公開を積極的に行います」とアピールしてきたことを考えると、今の都ファが行っていることは都民に対する背信行為です。それらの問題については私も責任を感じていますし、投票していただいた方には申し訳なく思っています。

 都議選によって都ファは55人体制になり、代表も規約も変わりました。新人の場合は不適切発言があるかもしれないので、情報発信を一部制限するという対応があってもいいのかもしれませんが、私のような現職にまでほぼ100%の取材規制をするのは明らかに行き過ぎです。

――「ブロガー議員」として知られる音喜多都議の情報発信には定評がありましたが、あるときから「パンチがなくなった」との声もありました。

音喜多 ブログに関しては、掲載前に校正や校閲があるわけではありませんでした。ただし、小池都知事や都ファの方針から少しでも逸脱するような内容があれば、すぐに修正指示がありました。だから、執筆するたびに忖度しなければならなかったのです。

 結果的に、規約方針に従って決められた結果のみを伝える大本営発表のようなブログになり、読者のみなさまからも「最近、ブログに勢いがない」というお叱りを受けるなど、心苦しい日々が続きました。

 もちろん決定事項を伝えることは大事ですが、私としては議論の内容や経過も掲載したかったのです。しかし、過程についてはお伝えできないということで、忸怩たる思いがありました。

●「テレビ取材は党本部に100%断られた」

――テレビ出演もまったくなくなり、「都ファはいったいどうなっているのか」と違和感を持つ都民も多かったはずです。

音喜多 テレビの取材や出演については、党本部に100%断られました。ひどいことに、私に対してオファーが来たにもかかわらず、党本部が別の都議に出演者を差し替えようとしたこともありました。

 党本部からは「企画そのものがなくなった」と報告がありましたが、テレビ局の方からは「音喜多さんが出ないということで企画そのものがボツになった」という返答でした。これは、都民やテレビ局に対してだけでなく、いろいろな意味で信義則違反だと思います。明らかに行き過ぎです。

――また、都ファの仲間たちで集まって食事や飲み会を企画するのもNGだったようですね。

音喜多 はい、それを証明する方法はたくさんあります。私も数人で食事をしようとしただけで叱責を受け、中止に追い込まれました。

――都ファでは、決められた金額を党に支払う仕組みがあります。それ自体はほかの政党でもありますが、何に使われているかといった会計報告はあったのでしょうか。

音喜多 政務活動費15万円、党費6万円の計21万円を党および会派に支払っていました。上田都議が会計報告書の提出を求めましたが、いまだに反応はありません。

――「都ファが古い政治に戻ってしまった」と思うような出来事は、ほかにもありましたか。

音喜多 都ファは最初に業界団体を招集して、予算要望のヒアリングを行いました。「予算に反映しますから、よろしく」という意味なのでしょうが、その「よろしく」は「選挙の集票マシンになってください」ということ、さらに「11月に行う政治パーティーのパーティー券を買ってください」という意味です。

 都ファの都議には、2万円のパーティー券を数十枚単位で売るというノルマがあります。この自民党的な政治手法が役員会で決められ、しがらみをつくってしまっています。忖度政治としがらみ政治は、都ファで逆に復活してしまいました。

●小池百合子の「人を信頼できない弱み」とは

――選挙戦が始まり、小池都知事は都政の公務をキャンセルすることも多くなっています。

音喜多 非常に由々しき事態であり、最小限にとどめていただきたいと考えています。ただ、党の代表か否かにかかわらず、都知事も政治家である以上は総選挙の影響を受けざるを得ないという事情があることも確かです。しかしながら、都庁に立ち寄りもしない日があるという事実は、都民から厳しい目を向けられてしかるべきだと思います。

 また、問題なのは9月に決まったばかりの築地再開発検討会議の委員を希望の党から出馬させたことです。10月12日に最初の会議が行われる予定でしたが、都知事が任命したはずの委員の1人を希望の党がリクルートし、東京1区の公認候補者として衆院選に出馬させました。

 これは、「都政や築地問題よりも国政を優先する」という、これ以上ないメッセージです。都民に対する背信行為であると同時に、都知事としてあるまじき行為だと思います。

――小池都知事の功績や手腕については、いかがですか。

音喜多 即断即決で傑出したリーダーシップを発揮し、都ファと公明党、民進党が共同提出した「子どもを受動喫煙から守る条例」を可決させるなど、優れた政策を実現したことは大きいです。そのため、小池都知事の政策を全面的に否定しているわけではありません。

 また、常人には考えつかないよう発想をして、それを実行してしまう点はすごい。新党設立の会見にしても、事前にあれだけ若狭勝氏や細野豪志氏が動いていたわけですから、数人で行うのが普通の発想です。しかし、1人で出てきて「リセットして、私自身が立ち上げます」というのは、およそ考えつかない。

 それをやってしまえるのはすごみであると同時に、人を信頼できないという弱みも示していると思います。今後、それがどういう方向に転がるかはわかりませんが、今の都ファや希望の党のやり方を見ていると、悪いほうに転がる可能性も高いと見ています。

 小池都知事は、希望の党の代表として安倍政権のことを「お友達内閣、しがらみ政治、忖度政治」と批判していますが、それらはすべて自分に跳ね返ってくると思います。現在、都ファは53名体制になりましたが、都議会公明党との関係が今後どうなるかもわかりません。これから、どのようなかたちで続いてくのかは未確定だと思います。

 いずれにせよ、私は都民のみなさまにお約束した政策をしっかりと実現するために、小池都知事の正しい部分は応援し、間違っていることには「間違っている」と主張する、是々非々の姿勢で対峙していきます。

――ありがとうございました。
(構成=長井雄一朗/ライター)