画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーリゾートは2018年1月11日〜3月19日、冬ならではの様々なプログラムを開催する。東京ディズニーシーでは「ピクサー・プレイタイム」を初開催し、東京ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」がファイナルを迎える。

東京ディズニーシーのスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」では、おなじみのディズニー/ピクサー映画のキャラクターたちが、パークのあちこちで繰り広げるさまざまなエンターテイメント・プログラムや、これまでにない体験型のデコレーションとしてゲームブースが登場する。

「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」では、アメリカンウォーターフロントに、世界的に有名なレーサーとなった『カーズ』シリーズのライトニング・マックィーンがグリーティングに登場する。彼の合図とともに、ゲストはアメリカンウォーターフロントのドライブをスタートし、ニューヨークエリアを練り歩く。その他にも、各所で様々なプログラムを展開する。

東京ディズニーランドでは、「アナとエルサのフローズンファンタジー」がファイナルを迎える。『アナと雪の女王』をテーマにした、アナやエルサ、オラフなど映画に登場するキャラクターたちに会えるエンターテイメント・プログラム「フローズンファンタジーパレード」 を開催する。

また、全編を通してディズニー映画『アナと雪の女王』のシーンで構成されるキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」、シンデレラ城前のキャッスル・フォアコートでアナとエルサとオラフが子どもたちと一緒に遊ぶグリーティングショー 「アナとエルサのウィンターグリーティング」を開催する。

さらに2018年は、アナやエルサになりきって楽しめる、体験型のフォトロケーションが新たに登場する。プラザテラスには、エルサの氷の城をイメージしたフォトロケーションが設置され、まるでエルサになった気分で写真を撮れる。そのほかにも、パークのいたるところに短編映画に登場した小さい雪だるまのスノーギースがいたり、ファンタジーランドにアレンデール王国のお城や広場をイメージしたデコレーションが施されたりと、ディズニー映画『アナと雪の女王』の世界を楽しめる。

また2018年は、3種類の「アナとエルサのフローズンファンタジー」ならではのアートのスペシャルグッズや、スペシャルメニューも登場する。スペシャルメニューは、東京ディズニーシーも、東京ディズニーランドも2018年1月9日から先行販売する。なお、スペシャルグッズ、スペシャルメニューの内容は、変更または売り切れとなる場合がある。

(C)Disney(C)Disney/Pixar