画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝ライフスタイルは10月17日、5ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA」シリーズの新製品を発表した。GR-M41GXVとGR-M41Gの2機種で、発売は11月中旬から。価格はオープン、推定市場価格(税別)はGR-M41GXVが22万円前後(税別)、GR-M41Gが20万円前後(税別)。定格内容量は411L。カラーは、GR-M41GXVがグランホワイト、サテンゴールド、GR-M41Gがシルバー。外形寸法はGR-M41GXVが幅600×奥行き692×高さ1833mm、GR-M41Gが幅600×奥行692×高さ1816mm。

GR-M41GXVとGR-M41Gは、どちらも生の野菜を下ゆでなしにそのまま冷凍できる「野菜そのまま冷凍」や、炊きたてのご飯など熱いものを冷凍する「一気冷凍」など、便利な冷凍機能を持っている。

除菌・脱臭にも配慮し、「光触媒ルネキャット」を搭載。気になる菌の増殖や食品同士のニオイ移りを防いで風味やおいしさを守る。野菜のエチレンガスを分解・除去し、野菜の保存環境を向上させる効果もある。また、24時間自動で効率運転するecoモードや、節電機能なども装備。

上位機種となるGR-M41GXVは、ガラスドアに手をかざすと点灯して浮かび上がる操作ボタンや、浮かび上がったスイッチ部に軽く触れると自動でドアがオープンする機能を採用。さらに、高輝度LEDライトを庫内の天面とドアに搭載し、明るくみやすい庫内を実現する。