The THIRTEEN、「史上最高の作品ができた」

写真拡大

The THIRTEENが10月25日(水)にリリースする1st EP「EVIL MAD SCIENCE」の全曲試聴トレーラーが公開された。

◆トレーラー映像

本作はThe THIRTEENにとって“第2章の幕開け”と言える作品。The THIRTEENは2016年に始動して以来「自由」という理念のもと活動を続けてきたが、2017年4月から開催した全国ツアー<The THIRTEEN Spring tour 2017 ANARCHY BOYS & ANARCHY GIRLS>中に“自由を意識することが逆に過去に縛られている”という矛盾に気づいたという。

その気付きを経てすべてを一度取り払おうと考えたメンバーが、打算や計算なく自分たちがかっこいいと思えるものを純粋に突き詰めたのが本作だ。全曲試聴動画からは、これまでのThe THIRTEENの楽曲とは大きく世界観が変貌していることがわかるだろう。自由を掲げながらも過去を意識してしまっていたThe THIRTEENが、今一度自分たちを見つめなおしここから新章をスタートさせる。

また、「EVIL MAD SCIENCE」ではThe THIRTEENと親交の深いЯyo Trackmaker(ex.girugamesh)が全曲にわたりミックス、マスタリングを手掛けているのも注目すべきポイント。美月(G)はЯyoの起用について「以前より嫉妬するほどに彼のサウンドセンスを尊敬していた。自分たちの第2章と呼べる楽曲にサウンド面でも進化を求めた結果、“彼しかいない”と思い依頼した」と語る。その仕上がりについても「かつてはライバルとしてたくさん戦って成長してきた仲なので、ЯyoはThe THIRTEENの理想をわかってくれると思っていた。そしてその期待をさらに超えて応えてくれた。そのおかげでThe THIRTEEN史上最高の作品ができました」と自信を見せた。

なおЯyoからはBARKS宛に「昔はライバル同士ステージに立っていましたが今回、裏方で関わる事ができて嬉しかったです!今作の1st EPも期待を裏切らないヘヴィネスは健在、更に楽曲の表現もより深みを増していて、ヘヴィサウンド好きの僕としては最高の作品に仕上がっていると思います!これからの活動も期待しております!」とのコメントも届いている。

The THIRTEENは1st EP「EVIL MAD SCIENCE」をリリース後、11月4日(土)柏ThumbUpを皮切りに全国ツアーをスタートさせる。このツアーでは、第2章を迎え確実にライブの在り方も変貌しているだろう。

1st EP「EVIL MAD SCIENCE」
2017年10月25日(水)ON SALE

■限定盤 GR13-0012 ¥2,800-(tax out)
CD5曲+「BITES THE BLACK」MV収録
収録曲:
01.Pain after Pain
02.BITES THE BLACK
03.PSYCHOPATH BILLY
04.MONTAGE 05.Whisper in silence

■通常盤 GR13-0013 ¥2,300-(tax out)
CD6曲収録
収録曲:
01.Pain after Pain
02.BITES THE BLACK
03.PSYCHOPATH BILLY
04.Junky Monkey Boogie Down
05.MONTAGE
06.Whisper in silence

発売元:GREEDY RECORDS
販売元:ダイキサウンド株式会社

<The THIRTEEN short tour2017-2018「EVIL MAD SCIENCE」>
11月04日(土)柏ThumbUp
開場 17:00/開演 17:30

11月05日(日)横浜BAYSIS
開場 17:00/開演 17:30

11月12日(日)仙台HooK
開場 16:00/開演 16:30

11月22日(水)名古屋HeartLand
開場 18:00/開演 18:30

11月26日(日)浜松FORCE
開場 16:30/開演 17:00

12月15日(金)福岡DRUM SON
開場 18:00/開演 18:30

12月17日(日)心斎橋DROP
開場 16:30/開演 17:00

TOUR FINAL
2018年01月03日(水)新宿ReNY
開場 16:30/開演 17:00

全会場前売り ¥4,800-(税込・DRINK代別)