対談をおこなったRYO-Z(左)とMC漢a.k.a. GAMI

 ヒップホップグループ・RIP SLYMEのRYO-Zが17日からスタートする、動画メディアMcGuffin(マクガフィン)配信のトーク番組『TOKYO CHILL OUT』のMCを務める。第1回の対談ではMC漢a.k.a. GAMI(9SARI GROUP/MSC)と赤裸々なトークを繰り広げる。

 McGuffinは、ミレニアル世代の“きっかけ”になるコンテンツが集まる動画メディア。カルチャー・音楽・ファッション・トレンド・社会問題などミレニアル世代ならではの視点で、新たな選択肢となるコンテンツを配信する。

 第1回目の対談相手には、代々木公園・野外ステージでおこなわれていた、日本最大規模のヒップホップのブロックパーティ『B BOY PARK』(1997年〜2017年)のMCバトルで優勝した経験もある、MC漢a.k.a. GAMI(9SARI GROUP/MSC)を迎える。

 当日は互いにアルコールをたしなみながら、「二人の出会い、当時の印象」「なぜその職業を選んだのか」「それぞれのMCとしてのターニングポイント」をテーマに赤裸々なトークを繰り広げた。この模様はYouTubeなどで視聴可能。

 なお、同番組には、この後も隔週でRYO-Zと親交のある有名漫画家や人気スタイリストなどが対談相手として登場予定。