16歳の女子高生SSW 坂口有望、NEWシングル『空っぽの空が僕はきらいだ』アートワーク公開

写真拡大

 2017年7月26日にシングル『好-じょし-』でメジャーデビューした坂口有望(さかぐちあみ)。16歳の女子高生シンガーソングライターならではの歌詞や世界観、表現力豊かな歌声が同世代の女性を中心に虜にしている。

 12月6日には2ndシングル『空っぽの空が僕はきらいだ』が発売となるが、今回そのジャケット写真とアーティスト写真が公開された。このシングルのタイトル曲「空っぽの空が僕はきらいだ」は、現役高校生ならではの感性で挫折や苦悩を描いた、瑞々しくそして力強さと儚さを孕んだ坂口有望の歌声で彩られたロックチューン。デビュー曲「好-じょし-」のビジュアルからは一転、少し大人びながらもあどけなさと奥にひそめた芯の強さをあわせもった表情の坂口有望が描かれている。


◎リリース情報
シングル『空っぽの空が僕はきらいだ』
2017/12/6 RELEASE
<CD> ESCL-4946 1,200円(tax in.)

・坂口有望「空っぽの空が僕はきらいだ」ティザー映像
https://youtu.be/hYaVEQmdhjQ