@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

photo:Hidenori Hanamura(花村英典)

普段の足は、このメガーヌR.S.

サーキットテストやタイムアタックなど、AUTOCARでお馴染みの井出有治選手は現在、普段使いとしてメガーヌ・ルノー・スポール(R.S.)に乗っている。

「乗り始めたのは昨年末。都内の移動にクルマをあまり使わないのですが、サーキットに行く時は、もっぱらこのメガーヌR.S.。あとゴルフに行く時もこれですね(笑)。

以前、事務所の社用車としてメガーヌ・エステートのGTがあったんです。アシの味つけが国産車と明らかに違って、なんというか、独特の “ハリ” がある感じで。僕はそういう味つけが好きなんで、そのGTにもいろいろ理由をつけては乗っていました」

ちなみにメガーヌGTも、アシの開発はR.S.である。井出選手の好みが分かる。ところで、レーシングドライバーといえば、普段は安楽なクルマを好むイメージがあるが……。

他のレーサーとは異なる 井出選手のクルマ選び

「そういうドライバーは多いですね。ただ、僕はプロになってからも自分のクルマはずっとMT。この前にもミニ・クーパーSのMTに乗っていましたし、日産のドライバーだった時も、チームメイトはオートマのセダンなどを選んでいましたが、僕はフェアレディZのMTをお願いして乗っていました」

井出選手のクルマ観は、意外にも、われわれアマチュアのクルマ好きのそれ近い。

「単純にMTのほうが運転して楽しいでしょう。いまだに信号で発進する時に、クラッチミートの感じをいろいろ試したりしていますよ。フォーミュラ時代にも、周囲のドライバーが “スタートが難しい” とか言っているのを聞いて “じゃあ、なんで普段からMTに乗らないの?” と密かに思っていました(笑)」


自身のクルマ選びもエンスージァスティックな井出選手。そんな彼のメガーヌR.S.生活を、複数回に渡ってお届けしたい。