画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本エイサーは10月17日、Windows Mixed Reality向けコンテンツ開発コンテストを開催すると発表した。応募期間は10月17日〜12月18日まで。気軽にMixed Reality(=複合現実)を体験できる、「Acer Windows Mixed Realityヘッドセット」のコンシューマーバージョン「AH101」の発売に合わせて行われるものだ。

部門は「ゲーム部門」と「一般・エンタメ部門」の2部門に分かれており、Windows Mixed Reality 向けコンテンツ開発者であれば、個人・法人を問わず応募が可能。

応募作品の条件は、未発表・未発売の作品であること、成人向け(アダルト)コンテンツでないこと、他社の類似企画に同じ作品で参加していないこと、コンテンツがオリジナルであること、など。

一次選考は、2017年12月19日〜2017年12月24日に行われ、各部門の優秀作品(2つ)を選出。最終選考は2018年1月31日〜2018年2月13日で、2018年2月14日に優勝者が決定する。

「ゲーム部門」の優勝者には、日本エイサーのゲーミングノートPC Predator Helios 300「G3-572-A76H」が、「一般・エンタメ部門」の優勝者には、JTBナイスギフト商品券(10万円分)が贈呈される。