箱根駅伝の予選会には”天国”と”地獄”を隔てる明確なラインが存在する。通常開催となる第94回大会は上位10校が予選通過となるため、10月14日に行なわれた予選会では10位の東京国際大がマークした、合計タイム10時間10分34秒がボーダーライン。そこに少しでも遅れた大学には、正月の晴れ舞台は巡ってこない。


今年の箱根予選会は、慶應大を含めた49校が本戦出場権を争った

 毎年、本戦出場を決めた大学と落選した大学では、結果発表後の空気がまったく違う。笑顔と涙。結果をまったく知らない人でも、その大学が通過できたかどうか瞬時に判断できる。

 しかし、それは箱根を本気で目指してきた大学だけに共通するものでもある。今回の予選会には49校が出場したが、落選したすべての大学が悔し涙を流したわけではない。本戦に届かなくても、笑顔を見せた大学はいくつもある。

 数校の取材を終えて慶應大のもとへ行くと、選手たちは笑顔で胴上げをしていた。おそらく、最後の予選会となった4年生が宙に舞っていたのだろう。慶應大は今季から「慶應箱根駅伝プロジェクト」を始動。日体大で2004年から4年続けて箱根駅伝を走り、日清食品グループで全日本実業団駅伝の優勝を経験している保科光作がコーチに就任して、長距離の本格強化をスタートさせている。

 選手たちが騒いでいる様子を見て、「なんか嬉しそうですね」と保科コーチに声をかけると、「よくわかんないです」と苦笑いを見せた。新体制1年目の今回は、総合27位(合計タイム10時間42分42秒)。ボーダーラインまで32分08秒もの開きがあったが、合計タイムでは大学記録を更新した。それでも保科コーチは、「僕が立てた目標が高かったこともありますが、うまく走らせてあげることができませんでした」と悔しそうに話した。

 今回の目標タイムは「10時間36分」。3年生の根岸祐太はフリーで走り、6人は1km3分10秒ペース、5人は1km3分15秒ペースで15kmまで集団走を予定していたが、うまくいかなかった。根岸は60分58秒と健闘したものの、他は3人が63分台、2人が64分台、4人が65分台と伸び悩んだ。しかし、昨年はボーダーラインまで39分10秒差だったことを考えると、箱根まで約7分も”接近”したことになる。

 慶應大は箱根駅伝の第1回大会に出場した4校のひとつで、第13回大会では総合優勝を果たしている。第47回大会までに26回出場し、その後は、記念大会で出場枠が増えた第50回、第60回、第70回大会に出場。しかし近年は、本格強化する大学が増えたこともあってボーダーラインから引き離され、この5年間は予選会の「30位前後」が定位置だった。

 チームに5000mで14分台の記録を持つ者は数人しかおらず、大半は15分台。しかも、そのほとんどが系列校を含む進学校の出身だ。長らくフルタイムのコーチが不在だったところに、強豪校出身の保科コーチが就任したことで、最初はうまくフィットしなかった。

「基本ができていない選手が多かったので、基礎作りをするのにかなり時間がかかりました。練習よりも、まずは競技に対する姿勢ですね。夏合宿の朝練習は集合もなかったですから」と保科コーチ。夏には4週間の北海道合宿を行なうなど、選手たちに基礎をみっちりと指導した。トレーニングの質は「日体大時代の6割ほど」しかできていないが、チームの雰囲気は変わり始めたという。

 そのなかで3年生の根岸が急成長した。前回の予選会は個人総合219位(63分35秒)だったが、今季は1万mで29分台に突入。予選会は60分台でフィニッシュして、個人総合76位に食い込んだ。関東学連チームで出走することになれば、慶應大の選手としては、第82回大会(2006年)以来の箱根駅伝出場となる。

 駅伝チームとしての形はできつつあるが、箱根を”本気で”狙うには大きな壁が存在する。それは「選手勧誘」だ。今では強豪校の多くが10人前後のスポーツ推薦枠を持っており、なかには奨学金を駆使して有力選手をかき集めている大学もある。しかし、慶應大にはスポーツ推薦枠すらないのだ。

「慶應大で陸上をやるには受験をパスしてもらわないといけないので、有力選手に受験をお願いしている状態です。主に指定校推薦とAO入試ですね。スポーツ推薦のようにほぼ100%合格するというものではありません。それだけに、『どうしても慶應大で走りたい!』という気持ちを持った学生が集まってくれるんじゃないかなと期待しています」(保科コーチ)

 選手勧誘の条件は他の強豪校と比べて厳しいが、今秋には5000m14分20秒クラスの選手が1名、同14分30秒台の選手が4人ほど、AO入試などで受験を予定しているという。新戦力の走力は未知数だが、今後の目標については、「来年の予選会は10番台に入り、そこからステップアップして、強化5年目となる第98回大会での出場を目指しています」と保科コーチは話した。

 慶應大競走部には専任コーチがいなかったこともあり、学生主体の独特な雰囲気が漂っている。そのなかで、100mの山縣亮太や800mの横田真人らがオリンピックに出場。彼らは大学卒業後も、母校のグラウンドでトレーニングを続けてきた。

「トップアスリートが同じグラウンドで練習していて、彼らの活躍も刺激になっています。ただ、長距離のイメージはないので、少しずつアピールしていくしかありません。半年の指導で僕の考え方も変わったんです。初めは僕の経験値だけで教えていた部分があったんですけど、うまくいかなくて。楽しい雰囲気も大切にして、専門的なことよりも『どのような姿勢で取り組むのか』を伝えるようにしています」

 慶應大が最後に箱根駅伝に参戦したのは1994年。30回目の出場はいつになるのか。箱根3連覇中の青学大も本格強化した当初は苦戦したが、本戦出場を果たすと、大学のブランド力もあって好選手が続々と入学して黄金時代を迎えている。慶應ボーイたちが箱根路を走ることになれば、学生長距離界の地図が大きく変わるかもしれない。

■陸上 記事一覧>>