<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇17日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>
新潟県にあるヨネックスカントリークラブにて国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディースが19日(木)から4日間の日程で開催される。開幕を前に、昨年の覇者である全美貞(韓国)の優勝コメントを振り返っておこう!
【関連写真】ホステスはこの人!イ・ボミフォトギャラリー
全は3日目を終えて首位の笠りつ子、鈴木愛とは4打差あったが、前半だけで3バーディ。さらに10番、12番、13番とスコアを伸ばして首位を走る2人を捉えた。そして17番パー3でティショットを「最終日にここにつくと思って練習してた」ピンの左につけ、ラインを読み切りバーディを奪取。頭一つ抜け出すと、後続の2人がスコアを伸ばせず通算24勝目が決まった。ホールアウト後、ポーカーフェイスの全とは思えない言葉を口にした。
「優勝は全く考えてなかった。今日は風が強いから難しいと思って、スコアを落とさないように心がけました。プレーオフになると思ってたけど、(今年2回負けてるから)やりたくなかった。私が終わったとき笠さんと鈴木さんは16番終わったところだった。だからプレーオフになるくらいなら連続バーディで勝たれた方が良かった(笑)」
日本ツアー通算24勝(当時。現在は25勝)は具玉姫を抜いて韓国人最多優勝に。「具玉姫さんが亡くなってから勝てなくなって。(トップに立ったのは)不思議な気持ちですね。いずれ後輩に抜かされると思うけど、最多勝として恥ずかしくない選手になれるようにプレーだけでなく行動もしていきたい」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ホステスのイ・ボミは西山ゆかり、吉田弓美子と同組 女王争い“ビッグ4”は別々のペアリングに
「1位を獲りたい」 MVP狙うイ・ミニョンが首位キム・ハヌルに接近【メルセデスランキング】
シード争いの正念場 ツアー屈指の高額賞金大会で当確のランプを灯すのは?
名勝負が引き出したテレサ・ルーのポテンシャル 上位選手の共通項“脱力感”をつけるには柏原明日架の練習法が最適【辻にぃ見聞】
【辻にぃ見聞】賞金女王・全美貞の復活は自信を持ったパターとバランスを取り戻したショットにあり!