大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

16日に20歳の誕生日…全米OP公式ツイッターが祝福「おめでとう、ライジングスター」

 女子テニスの世界ランク65位、大坂なおみが16日、20歳の誕生日を迎えた。次代のヒロイン候補として期待される逸材に対し、8月に前回女王から大金星を挙げるなど、鮮烈な印象を残した全米オープンの大会公式ツイッターも「おめでとう、ライジングスター・ナオミ」と祝福。さらに、大金星を挙げた今夏の大会の名シーンを動画付きで紹介している。

 テニス界の次代を担う逸材がオトナになった。

 大坂は16日に誕生日を迎え、10代を卒業。世界で期待の若手の一人との声も聞かれる新鋭に対し、祝福が上がっている。全米オープンの大会公式ツイッターは「誕生日おめでとう、ライジングスター、ナオミ・オオサカ! このままランキングを駆け上がり続けるんだ。楽しんで、ナオミ!」と投稿した。

 さらに、祝福とともに動画も掲載している。8月の全米1回戦で前回女王のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)から渾身のダウンザラインを決め、また大金星を挙げ、アメリカのファンから喝さいを受けている歓喜のシーンを紹介。ファンに反響を呼んでいる。

愛されるキャラクター、今年の大会では“テレビCM妄想”の天然発言で話題も…

 大会では、勝利した2回戦で集中を欠いて苦戦した理由を、練習中から頭に浮かんだテレビCMが脳裏から離れなかったという天然発言が炸裂。不思議なキャラクターも含め、世界の脚光を浴びていた。

 祝福を寄せられるのも、こうした愛される人柄もあるのだろう。しかし、実力は年齢とともに着実に強化。先の香港オープンでは憧れのビーナス・ウィリアムズ(米国)を撃破。元世界女王から、こう称賛を受けていた。

「彼女は非の打ち所のない完璧なプレーだった。私にできるのは彼女に称賛を送ることだけ」

 目下、世界のトッププレーヤーから一目置かれる存在となった大坂。20歳の一年も、さらなる飛躍を日米のファンが願っている。