【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は17日の定例会見で、康京和(カン・ギョンファ)同部長官が19日から24日にかけてベルギーとフランスを訪問すると発表した。ベルギー、欧州連合(EU)との外相会談、韓仏外相戦略対話などを予定しているという。

 同部によると、康氏は20日午前にベルギーのレインデルス外相と会談し、両国の実質的協力拡大や北朝鮮核問題の解決に向けた連携などを話し合う。同じ日の午後にEUのモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)と昼食を交えた会談を行い、戦略的パートナー関係の強化策や北朝鮮核問題などについて協議する予定だ。

 23日にはパリでルドリアン仏外相と第2回韓仏外相戦略対話を行い、両国関係増進や北朝鮮核問題、欧州や中東の情勢、気候変動などでの協力策を議論する。この戦略対話は昨年3月にソウルで初めて開かれた。