ブリヂストンが開発中の自転車用エアレスタイヤに試乗することができました。

エアレスタイヤは先日トーヨータイヤの開発中コンセプトタイヤに試乗することができましたが、その際は軽自動車とコミューターの4輪車。今回は自転車用で、よりダイレクトにその特性を見ることができるかもしれません。

ブリヂストンのエアレスタイヤも基本的には他社の開発中モデルと同じく、空気に当たる衝撃を吸収する樹脂バネ部分の周囲にゴムのトレッドを付けた構造です。ちなみに試乗車はその樹脂部分が赤くなっています。

自転車では前後の空気圧は同一にするのが一般的ですが、エアフリーでは前後でバネレートを変えていると言います。フロントが柔らかくなっているのですが、これは段差の乗り越えなどでどうしても初期の吸収を空気並みに柔らかくしたいから、とのことです。

実際に乗ってみた感じは、走り出しから段差の乗り越え、坂道の走りなど、特に空気が入っているとか入っていないとかを感じさせることはありませんでした。

ただし、今回は室内で一般に自転車で走るにはありえない平らなフローリングにゴムシートを敷いたもの。アスファルトや砂利道で走ってみないことには本当の自転車用タイヤの性能は確認することはできません。

日常の実用域以外にもホイール部分に小石が挟まった場合や、樹脂部分の耐用性などまだまだクリアする点はあるかと思われますが、自転車の空気を気にせずパンクをしないということは、自動車以上に求められるコンセプトであると言えるでしょう。開発が進み、発売されることが期待されます。2019年の実用化を目指しているといいます。

2輪車の場合、後輪に駆動を伝えるのはチェーンやベルト、シャフトドライブでやりやすいのですが、左右に振ることで曲がる前輪に駆動を伝えるには、なんらかの工夫が必要です。

最も簡単なのがインホイールモーターです。これを採用しているのがブリヂストンサイクルの電動アシスト自転車の両輪駆動です。

一般には後輪に駆動を伝えるチェーンにモーターを組み合わせて漕ぐ力を助ける仕組みですが、両輪駆動ではペダルを漕ぐことでフロントモーターにトルクを発生させることでアシストを行っています。

前輪が駆動する自転車というのは初めて乗る気がします。早速試乗してみます。

後輪アシストの電動アシスト自転車に初めて乗った時、子供のころ親が自転車の練習する時助けてくれたような、後ろから誰かに押されているようにふっと力が加わるイメージがあります。

前輪アシストの場合、後ろから押されているというより、前から誰かに引っ張られているような印象がありましたが、どちらかといえば全体に力が出ているように感じます。

坂道などではこれが顕著で、両輪駆動のメリットを感じます。

また、下り坂、惰性で走る時にブレーキ操作で電力回生を行うことができます。回生のおかげである調査では15%の航続距離の延長と、トータルでのバッテリー劣化の軽減が見込まれるそうです。

後輪のアシストでは構造上チェーンで行っていますが、ブリヂストンの両輪では後輪にペダルの力を伝えるベルトが採用でき、チェーンに比べ寿命や騒音の点でメリットがあります。

電動アシスト自転車を選ぶなら、悪路走破性でもその良さが期待できる両輪駆動が十分に選択の理由になると思いました。

(clicccar編集長 小林 和久)

【試乗】ブリヂストンの最新自転車「エアフリー」の可能性と「両輪駆動モデル」のメリットを体感(http://clicccar.com/2017/10/17/521804/)