画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは13日から、ラグジュアリー・サルーン「XJ」2018年モデルの受注を開始した。エンジンを3種類に絞ると同時に、「XJ」史上最もパワフルな最高出力575PSのエンジンを搭載した「XJR575」を新たに追加している。

「XJ」2018年モデルは、パワーユニットを3.0リットルV型6気筒スーパーチャージド・ガソリンおよび5.0リットルV型8気筒スーパーチャージド・ガソリンの出力違いの3種類に絞り、グレード体系は全6車種展開とした。最上級モデルは最高出力575PSのエンジンを搭載し、0-100km/h加速4.4秒を誇る「XJR575」となっている。

装備面では、従来よりも大型化した10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「タッチ・プロ」に通信機能を備えたプロテクトを標準装備し、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる。コネクティビティ機能も強化し、通信が4G対応となった。オプションで最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境を提供する。

レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバー・コンディション・モニターなどの安全機能も全グレードに標準装備に。価格は「XJ ラグジュアリー」が1,149万円、「XJR575」が1,887万円(ともに税込)など。