「ネット嫌い」な主人公・てるみさん

写真拡大 (全3枚)

 スマホ普及率が7割に達し、デジタル化した現代社会。そんな時代に“逆行”する、新ジャンルの「脱デジ」マンガが話題になっている。大ヒットした『花のズボラ飯』で知られる水沢悦子氏の最新作『もしもし、てるみです。』だ。

『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載中のこの物語の主人公は、「ネットが大嫌い」な女性・てるみさん。スマホが当たり前の世界で、ネットにも繋がらず、写真も撮れないアナログケータイの販売会社「もしもし堂」に勤めている。さながら、スマホに対抗した“黒電話専門会社”の社員といったところ。作品はそんなてるみさんに恋をし、「脱デジ」を決意した男子中学生・鈴太郎との“テレフォン・ラブ・コメディ”だ。

 しかし、単なる大人のお姉さんとの恋物語では終わらない。この世界のスマホ「ミライフォン」を手放したことで、鈴太郎はSNSや掲示板といったネット社会から解き放たれる。放課後に毎日「もしもし堂」に通い、てるみさんと緊張しながらも直接言葉を交わすことで、デジタルにはない「つながり」を感じるようになる──というストーリーだ。

 まさに「脱デジ」生活を描くこの作品の魅力はどこにあるのか。愛読者だという評論家の荻上チキ氏が語る。

「このマンガは単にデジタルを批判しているのではなく、ネットからのストレスフリーを描くことで生活時間を見つめ直す点が面白い。『ネットはダメだ』とスローライフを提唱するわけではなく、むしろそれぞれの世俗的な生き方を描いているのもほっこりします」

 作中でも、鈴太郎の同級生たちはツイッターやLINEを連想させる「トモッター」や「ニャイン」などのコミュニケーションツールを使って生活している。なぜ、デジタル化が進む時代にあえて「脱デジ」をテーマにしたのか。著者の水沢氏がこう語る。

「これからはどうしてもネットと付き合っていかなきゃ無理な時代で、“いつ子供にスマホを買い与えるのか?”が、すごく身近な大問題だと思うんです。子供たちは色々と経験する中でネットとの付き合い方を学ぶしかないですが、多感な時期にSNSに触れるなんて想像しただけで恐ろしいですよね。そして大人だってみんな多感だと思う。感じすぎて、疲れている。

 だから辛くなった時の逃げ場としてこういう電話屋さんがあってくれるといいな、と。ネットにつながらない電話への憧れはきっとある! と信じて描いています」

「スマホがないなんて考えられない!」というデジタル世代には響かないかと思いきや、連載開始直後から、多くの共感の声が寄せられているという。その理由を、前出の荻上氏はこう考察する。

「なかなかネットをオフにしがたい一方で、他人の振る舞いには過剰に関与する。そんな社会に疲れてしまった人も多いと思う。この作品は脱デジタルを謳う方向と、自分の気持ちをオープンに伝えても寛容に受け入れられるつながり方の両方を、魅力的に描いていますね」

この作品はもしかしたら、ネット社会にどっぷり浸かっている人にこそオススメと言えるのかもしれない。