2018年春夏コレクション

写真拡大

 デザイナー宮下貴裕が手掛ける「タカヒロミヤシタ ザ ソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)」が、初のショーを秩父宮ラグビー場で開催した。宮下自身「ナンバーナイン(Number(N)ine)」時代以来のショーで、今期は女性が着るスーツやパンツスタイルのバランスをメンズに反映。ランウェイには女性モデルを登場させた他、「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」や「イーストパック(EASTPAK)」とのコラボレーションアイテムも登場した。
 2018年春夏コレクションショーは、アビ・レイモルド(Abi Reimold)やローラ・マーリング(Laura Marling)など女性ボーカルの歌が響く中で披露された。コレクションでは、音符やギターの刺繍などシグネチャーとなる音楽のディティールは継続しながら、コスチュームのようなウエスタンのディテールを宮下の仕立てで独自に解釈。モデルが手に持ったぬいぐるみのモチーフは、同氏の"永遠の人"が持っていたという某飲料メーカーのぬいぐるみをアレンジしたもの。ブランドのテキスタイルで作られたパンツを履かせるなど意匠を凝らしたが、現段階では販売の予定はないという。
 今回のショーには一般学生も数多く来場。タカヒロミヤシタ ザ ソロイスト.や「サカイ(sacai)」などが参加するAT TOKYOについてAmazon Fashionヴァイスプレジデントのジェームズ・ピータース(James Peters)は「Amazonの経営方針は常に顧客第一主義。顧客である学生の方たちが大好きなファッションに触れる場を作りたいと思い、今回最高のデザイナーの方たちに参加してもらいました」と、開催意義について語った。