画像提供:マイナビニュース

写真拡大

トレンド総研はこのほど、2018年冬の鍋トレンドとして「ムービージェニック鍋」についてのレポートを公表した。

近年、鍋料理への関心は高まっており、味付けやアレンジ、具材のバリエーションも豊かになった。ここ数年は、キャラクターをモチーフにしたものや食材の盛り付けを工夫したものなどといったSNSなどにおいて"写真映え"する鍋「フォトジェニックな鍋」が注目を集めているとのこと。

同社が今年の冬の鍋トレンドのキーワードになると考えているのは、フォトジェニックな鍋が進化した、「ムービージェニック鍋」だという。「ムービージェニック鍋」は、"写真映え"からさらに一歩先に進んだ"動画映え"する鍋のこと。動きや変化が楽しめる要素を取り入れることで、思わず動画を撮りたくなるような演出を施したメニューとなっている。

今年の冬は様々な店舗で「ムービージェニック鍋」が続々登場する。「TOSCANA」では、トマト鍋にラクレットチーズを"とろ〜り"かけまわす様子が楽しめる「スパイシーラムのスキレットマト鍋 とろ〜りチーズソース」を提供する。「霧乃個室 清郎」では、鍋の上から自然薯をダイナミックにかける「秋田県産比内地鶏と芹の自然薯鍋」が楽しめる。