浦和DF遠藤、上海上港の強力攻撃陣を警戒 アジア制覇へ「チャレンジ精神」を強調

写真拡大

18日の上海上港戦に向け前日会見に出席、ホーム大一番への意気込みを語る

 浦和レッズの日本代表DF遠藤航は、18日に控えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝第2戦、上海上港(中国)戦の試合前日会見に出席。

 初戦の引き分けでアドバンテージを得ているが「チャレンジ精神を持ちながら良いプレーをできるか」と、ゲームへの意気込みを語った。

 上海の攻撃陣は元ブラジル代表FWフッキ、同MFオスカル、FWエウケソンのブラジルトリオに加え、中国代表FWウー・レイ、ウズベキスタン代表MFオディル・アフメドフといったタレントが揃う。アウェーの初戦は右サイドバックでプレーし、1-1の引き分けという結果を持ち帰ることに成功したが、油断のならない攻撃陣であることを強調している。

「相手の前線はフッキ選手を中心に、常にゴールへ向かって、読まれていても仕掛けてシュートまで持ってくる。それは僕らの脅威になる。僕らとしては1対1で負けないこともそうだし、チャレンジ&カバーや中盤なども含めた距離感とコンパクトさで守れるかが大事。一人一人のポジショニングには気を配ってプレーしたい」

 浦和はリーグ戦では7位と低迷し、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督から堀孝史コーチの昇格という監督交代も味わうシーズンになった。その一方で、このACLでは快進撃を続けて準決勝まで進出している。その違いについて、遠藤はACLという大会の特性を踏まえてこう語った。

「0-0でもOKだが…」と危険性も明かす

「クラブ単位でこうやってアジアのチームと対戦できるのは貴重な経験と思いながら戦っていますけど、その違いの一番は、Jリーグよりもお互いの良さを出し合って戦う大会だと感じます。アウェーでは相手の勢いにのまれて自分たちのサッカーができなくなることもある。その時にどう戦えるか、どうポイントを持ち帰るのかが大事。今回はずっとアウェー、ホームという順番であり、アウェーで結果が残せなくても、ホームで何かが起こせるというような諦めない気持ちを学べる大会だと思う」

 浦和はラウンド16の済州ユナイテッド(韓国)戦、準々決勝の川崎フロンターレ戦と、ともに敵地での敗戦からホームでの逆転劇を演じてきた。それだけに今回は多少のアドバンテージを持って臨む違う立場になるが、「0-0でもOKだが、それを考えすぎてプレーするのは良くない。そのスコアを考えるのは、試合の終盤で0-0だった時に少し思い出せばいいと思う」と、リードを意識してプレーすることの危険性を逆の立場から語っている。

 そして「日本のクラブとしてなかなかアジアで勝てていないという現状があり、残っているのは自分たちだけ。日本を代表する責任感はあるが、個人としてはこの舞台が初めて。もちろん決勝に行っても初めて。チャレンジ精神を持ちながら良いプレーをできるか、チームとしても個人としてもそこに集中したい」と、遠藤はあくまでも挑戦者として臨む姿勢を明確に語った。

 リオデジャネイロ五輪へ向けた代表チームでは、キャプテンとしてアジア王者を経験した遠藤だが、クラブレベルでもそのタイトルに臨む大きなチャンスを得ている。慢心することなく、上海の強力攻撃陣を高い集中力で抑え込んだその先に、アジア制覇への道が大きく開けていく。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーン編集部●写真 photo by Football ZONE web